LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

チラ見えしても安心!「なめらかかかと」のキープ方法

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

 夏は海やプールで裸足を人に見られる機会が多くなりますよね。海やプールにはあまり行かないという方でも、意外に見られているのが、かかと。サンダルを履いていると、エスカレーターや階段では、後ろに乗っている人からよく見えるというパーツが、かかとなのです。そこで、なめらかなかかとをキープする方法をご紹介します。
woman shoes■まずは不要な角質を除去
不要な角質が溜まり、水分を失ったかかとはガチガチ、ガサガサに!保湿しても浸透しないかかとになってしまいます。なめらかさをキープするには、不要な角質を定期的に除去する必要があります。角質を除去する方法3つをご紹介します。

(1)やすり
最もお勧めなのがやすりを使って角質を除去する方法。最もスタンダードな方法と言えるでしょう。10日に1度くらいのペースで行うのが効果的です。まずやすりを使用する前に角質を柔らかくしておく必要があります。そこで、足をよく洗ってから湯船にゆったりと浸かり、水分を与えて柔らかくした状態でやすりを使用することが大切です。また、やすりを使用する時には必ずかかとの状態を確認しながら、一方方向に削り、削り過ぎないようにすることが、トラブル防止のコツです。「角質の黄色い部分が、気持ち残る程度」を目安に削りましょう。

(2)スクラブ
肌が弱いという方にお勧めなのが、スクラブ。最もお肌への刺激が少ない方法かもしれません。スクラブを使用する際もやすりの使用時と同様、足をよく洗ってから湯船にゆったりと浸かり、水分を与えて柔らかくした状態で行うことが大切です。また、肌を強く擦ることは避け、あまり力を入れずに行うのが◎。

(3)ピーリング
今までお手入れを怠り、角質肥厚を起こしている方にお勧めなのが、ピーリングタイプのパック。パックしている数分間そのままの状態でいなければいけませんが、使用後の肌はツルツルすべすべに。使用後に皮がポロポロとむけてくるタイプもありますので、タイミングは一考しましょう。一発逆転を可能にしてくれるアイテムです。

 

■角質を除いたら、いざ保湿
角質を除去したら、水分の蒸発を防ぐためにもしっかりと保湿することが大切です。保湿には油分を含んだクリームがお勧め。特にかかとの皮膚を柔らかくする作用のある、尿素入りのクリームを使用すればなめらかなかかとをキープすることができます。かかとにクリームを塗り込むベストなタイミングは入浴後。有効成分を効果的に肌に浸透させることができます。さらに靴下を履くことで保湿力を高め、乾燥を防ぐことができるため、入浴後のケアが終わったら靴下を履き、就寝時に脱いで眠ることを習慣づけることがお勧めです。

なめらかなかかとを手に入れたら、ミュールや様々なデザインのサンダルも存分に楽しむことができます。お気に入りの一足で、夏のファッションを楽しみましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】

サンダルシーズン到来!気になる「タコ」原因と対処法


【参考】
※吉木伸子著『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』池田書店
※友利新監修『肌美人になるスキンケアの基本  お悩み解消パーフェクトBOOK』学研パブリッシング

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

woman shoes

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事