LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

「発酵ビーツ」で腸内環境美しく!おすすめの食べ方は?

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

美味しいことに加え、鮮やかな色で食卓に花をそえるビーツは、フーディーの間で人気の食材のひとつです。そのままサラダで食べたり、酢漬けにすることが多いビーツですが、発酵させても美味しく食べることができます。

「発酵ビーツ」で腸内環境美しく!おすすめの食べ方は?

美養フードクリエイターの筆者が、ビーツの栄養と発酵食品のよさが楽しめる「発酵ビーツ」の作り方をご紹介します。

■色鮮やかなだけじゃない!ビーツは栄養もたっぷり

(1)アンチエイジングに

ビーツの赤色は、ベタシアニンというポリフェノールです。ベタシアニンには強い抗酸化力があり、細胞を活性酸素から守ります。

(2)腸内環境美化に

ビーツには、サトウダイコンの仲間でいくつかの種類があります。その一つが甜菜で、てんさい糖の原料となるものです。甜菜と同じ種類に属するビーツにも、ほのかな甘味があり、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境美化をサポートします。

(3)巡りのいい身体に

ビーツは、体内で水分バランスを保つカリウムの豊富な野菜です。このほか、ビーツに含まれるNO3(硝酸塩)は、体内でNO(一酸化窒素)に変化するそうです。このNOには、血管の筋肉を柔軟にして血流をスムーズにする働きがあることから、ビーツは、血管の健康を守る野菜としても注目されています。

■発酵ビーツの作り方

材料

ビーツ
ビーツの1%の塩
煮沸消毒できるビン

作り方

すぐに食べられますが、発酵が進むほど酸味がでます。お好みの酸味になったら食べ始めましょう。

発酵ビーツの作り方!フーディー御用達のオシャレ野菜

(1)ビーツは皮をむき、千切りにします。
(2)ビーツの1%の塩とよく混ぜ、煮沸消毒したビンに入れて、ラップフィルムなどで表面を密閉し、フタをします。
(3)1日1回ラップフィルムの上から押します。
(4)常温で2〜3日置くと、全体的に水分が上がってきてます。食べてみて酸味を感じるようになったら冷蔵庫で保存します。

食べ方

・サラダに混ぜるなどして、そのまま食べる
・肉や魚の付け合せに
・サンドイッチに

発酵ビーツの作り方!フーディー御用達のオシャレ野菜

大きなビーツは1度に食べるには量が多いですが、発酵ビーツにしておけば冷蔵庫で2週間ほど保存できます。ぜひ、作ってみてくださいね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

【参考】
赤ビーツジュースがヨガな女性に支持される理由 – セブン&アイ出版
成分情報 ビート – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2018-03-30 8.39.02

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら