LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ファンデで小顔に!プロが教える「立体感ベースメイク」

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毎日メイクはしているけれど、ファンデーションの塗り方が適当になっているということはありませんか? ファンデーション1つで若返ることは可能です。

ファンデで小顔に!プロが教える「立体感ベースメイク」

今回は、ヘアメイク講師として長年教えている筆者が、年齢肌に負けない肌づくりのための正しいファンデーションの塗り方と、小顔に見せるポイントや、厚塗りにしないコツをご紹介します。

■ファンデーションとは

ファンデーションは、肌を血色良く見せ、素肌に近い質感に補正してくれるアイテムです。シミやそばかすをカバーし、紫外線から肌を守るバリア効果や、乾燥からお肌を守るトリートメント効果があるのも特徴です。

肌質や季節に合わせてたくさんのファンデーションが出ていますので、自分の肌や目的に合わせてファンデーションを選ぶ必要があります。

ファンデーションの正しい塗り方

ファンデーションの正しい塗り方と小顔に見せる塗り方をご紹介します。

顔の3点(写真の白い丸)にファンデーションをつける

(1)顔の3点(写真の白い丸)にファンデーションをつけます。

ファンデーションをつけたら、外側に向かって伸ばしていきます

(2)ファンデーションをつけたら、外側に向かって伸ばしていきます。

(3)目の周りや鼻周りの細かい部分に塗りもれがあったら、ファンデーションを足してあげましょう。

ファンデーションで小顔に見せる塗り方

ファンデーションをうまく使って立体的なベースメイクにしましょう。

顔の中心にファンデーションを多めにつけます。外側にいくにしたがって薄めにつけてあげると、グラデーション効果で小顔に見せることができます

顔の中心にファンデーションを多めにつけます。外側にいくにしたがって薄めにつけるようにすると、グラデーション効果で小顔に見せることができます。

ファンデーションを2色使いする方法も小顔効果が高まります

ファンデーションを2色使いする方法も小顔効果が高まります。

目尻から外側の斜線部分を暗めのファンデーションにし、内側を明るめのファンデーションにすると、立体的なベースメイクがつくれます。

ファンデーションの色選びがわからない方は、首の色に近いファンデーションを暗めの色にして、その色よりワントーン明るい色を顔の内側に使うことをおすすめします。

面長が気になる方

おでことあごの部分に暗めのファンデーションをつけるようにすると、面長が改善されます。このやり方は、芸能人の方やモデルの方もやっているベースメイクなので、参考にしてみてください。

■季節によってファンデーションを使い分けよう

1年中同じファンデーションを使っている方は多いと思いますが、季節によって肌色も肌質も変わります。

冬は乾燥しやすいので、保湿効果の高いファンデーションにし、夏は紫外線が強く汗や皮脂がでるので、UV効果があり化粧崩れしにくく、スポンジに水を含ませて使えるファンデーションにしましょう。

■外で見ると厚化粧に見えるのはなぜ?

部屋の中でメイクした時はナチュラルメイクだったのに、外で見ると厚化粧に見えてしまう方の原因は、「」です。

自然光に近い光に向かってメイクをしないと、メイクの色が実際よりも薄く見えて、濃くぬってしまいがちです。まずは、自然光が入る部屋でメイクをするか、白熱灯ではなく蛍光灯の下でメイクをすると改善されますよ。

ファンデーションをうまく使い、素肌美人になりましょう。ベースメイク1つで実年齢よりも若く見えますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
色を重ねるのがポイント!クマ隠しに◎なコンシーラー活用術
老け見え注意!トレンド「ブラウンメイク」の落とし穴5つ
“眉消え”の原因は2つの油!?「落ちにくい眉」の描き方
「疲れてる?」と言わせない!笑顔に見せる、リップメイク術

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ファンデで小顔に!プロが教える「立体感ベースメイク」

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら