LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

今も根強い人気のある酵素ジュース。ご自宅で手作りされている方も多いですよね。でも、酵素ジュースにはたくさんお砂糖を使います。てんさい糖や黒糖であっても、糖質には変わりがありませんから、そこに疑問をもっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

実は、酵素ジュースは砂糖不使用でも作ることができます。砂糖不使用でよりヘルシーな酵素ジュースの作り方をご紹介します。

■砂糖不使用でも発酵するの?

酵素ジュースでは、「砂糖の糖分を、酵素がエサとして分解して発酵する」といわれています。しかし、野菜や果物に含まれている糖分だけでも発酵します

これは、酵母を作る過程と同じです。野菜や果物に存在している酵母菌が活動して発酵します。ですから、砂糖不使用でも酵素ジュースを作ることができるのです。

■砂糖不使用酵素ジュースの作り方

砂糖不使用酵素ジュースの作り方01

材料(仕上がり約500ml分)

リンゴ 1個
キウイ 3個
ミネラルウォーター 500ml
煮沸消毒できる瓶

作り方

(1)ビンは煮沸消毒し、食材を入れる直前に焼酎などでアルコール消毒します。
(2)フルーツはよく洗って、薄くスライスします。
(3)消毒したビンに、フルーツとミネラルウォーターを入れます。
(4)1日1回、消毒したスプーンなどでかき混ぜます。
(5)小さな泡から始まり、2〜3日経つとフルーツが上に浮いてくるようになります。

砂糖不使用酵素ジュースの作り方02

砂糖不使用酵素ジュースの作り方03

(6)フルーツが浮き上がり、かき混ぜた時に、大きな泡が立ってきたら出来上がりです。冷蔵庫で保存して3〜4日で飲みきりましょう。

砂糖不使用酵素ジュースの作り方04

作り方のポイント

・フルーツがしっかりと水に浸かるサイズのビンを選びましょう。
・発酵が進むとフルーツが浮き上がってきます。ぎりぎりのサイズではなく、3-4cm上に余裕のあるサイズのビンを選びましょう。
・ビンは密閉ではなく、多少空気の通りのあるものがベストです。きっちりと閉めず、すこしゆるめて閉めましょう。
・気温が低すぎても発酵しません。25℃程度の場所で作りましょう。

■砂糖不使用酵素ジュースの楽しみ方

飲み方

原液は微炭酸です。そのまま飲んでも美味しいですし、甘味が濃いと感じる方は、ミネラルウォーターや炭酸水で割って飲みましょう。

ヨーグルトの甘味料として、豆乳や牛乳、紅茶に加えても◎。

作った後のフルーツの使い方

以下のようにいろんな使い方を楽しんでください。

・ヨーグルトに入れて食べる
・豆乳や牛乳などとミキサーで混ぜてフルーツシェイクに
・カレーなどの煮込み料理に etc.

アレンジレシピ

材料を変えてほかの果物や野菜で

リンゴとキウイ、ミネラルウォーター以外でも作ることができます。ただし、砂糖を入れないため、野菜果物の甘味だけとなり、野菜が多いと甘味が薄れます。

ドライフルーツを加える

レーズンやクコの実など、ドライフルーツを混ぜる場合には、オイルコーティングをしていないものを選びましょう。

水の代わりに“お茶”で

ミネラルウォーターではなくルイボスティーや紅茶でも作ることができます。

砂糖なしで、安心して飲める酵素ジュース。ぜひチャレンジしてみて下さいね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら