LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

その肌の赤み・かゆみ…「花粉症」が原因かも?対処方法とは

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

肌のかゆみが気になる今日この頃…。乾燥のせいかな? と思っている方が多いかもしれませんが、「花粉症皮膚炎」の可能性があることをご存知でしょうか。これからの時期苦しめられる花粉。お肌の為にも花粉対策をしていきましょう。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■肌のかゆみが出始めた…花粉が原因かも!?

花粉症は、くしゃみや鼻水が大量に出たり、目がかゆくなったりという症状が一般的ですが、最近では、皮膚に症状が現れる場合も多いそう。まぶたや頬骨、首の脇や顎など、花粉症の症状と共にこれらの部位が赤くなり、かゆみがある時は、花粉症を疑った方が良いかもしれません。赤みやかゆみだけが症状として現れる人もいるそうなので、注意が必要なのだとか。

 

■特に20〜50代の女性に起こりやすい!?

花粉症によるかゆみは「花粉症皮膚炎」と言われており、特に20~50代の女性に起こりやすいのだそう。この年代の女性は、目元のメイクやメイク落としで、皮膚のバリア機能が低下していることもキッカケとなっているよう。またアトピー性皮膚炎を患っている場合も起きやすいと言われています。

 

■花粉を肌に触れさせないことが重要

花粉症皮膚炎をケアするには、なるべく肌に触れさせないようにすることが大切。外出から帰宅したらすぐに洗顔や、シャワーを浴びるなどして、体についた花粉をしっかり落としましょう。洗顔は優しく、保湿ケアも欠かさずに。

もし皮膚炎がひどい場合には、すぐに皮膚科を受診し、早目にケアしましょう。花粉症の季節は、くしゃみや鼻水対策だけでなく、肌ケアにも気を付けてみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
かゆみ・粉ふき対策に!「乾燥による敏感肌」をアロマで保湿&鎮静

【参考】
症状予防は日常生活から 花粉症 – サワイ健康推進課
神奈川県皮膚科医会 – 皮膚病の話
※吉木伸子著『いちばん正しいスキンケアの教科書: 吉木メソッドで美肌になる!』 (西東社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事