LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

年末年始のうちにサヨナラ!クマのタイプチェックと対策法まとめ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

睡眠不足や疲労、ドライアイなど、クマの原因は様々です。それもエイジング世代ともなると、なおさら年齢を感じさせやすい部分ですので、しっかりとケアをしたいものです。

クマ_まとめ

■今すぐチェック!タイプ別クマのケア方法3つ

まずは、自分のクマの種類を把握しましょう。以下の質問のうち、あてはまるものをチェックしてみてください。

(A)
Q1.冷え症である。
Q2.運動不足である。
Q3.色が白く、血色が悪い。
Q4.クマの色が青、もしくは青黒い。

(B)
Q1.目を擦る癖がある。
Q2.日焼け、色素沈着しやすい体質である。
Q3.いつもバッチリアイメイクをしている。
Q4.クマの色が茶色。

(C)
Q1.目の下の皮膚を引っ張るとクマが目立たなくなる。
Q2.肌悩みはたるみ。
Q3.むくみやすい体質である。
Q4.クマの色が黒い影のような色。

Aが多かった方は青グマ。Bが多かった方は茶グマ。Cが多かった方は黒グマです。2種類、3種類同数程度当てはまったという方は混合型の可能性が。

・種類別クマの解消法

1.青グマ
マッサージやホットマスクなどで温めるケアを積極的に行い、血行をよくするよう日頃から心掛けましょう。

2.茶グマ
美白効果のあるアイ クリーム(美容液でも可)を使用すると効果があります。色素沈着の原因となる摩擦は厳禁!

3.黒グマ 
目の下の皮膚のコラーゲンの生成を促すレチノールやビタミンC誘導体が配合されたアイクリーム(美容液でも可)を使用することで、徐々に目立たなくなります。

 

■コンシーラーを塗らずにクマを解消

1.顔を正面に向けたまま、口を「やっほー」と言って「ほ」の形。その後、ほうれい線を薄くするように鼻の下を伸ばします。おでこはリラックスしましょう。

9neta_yoga5

2. ゆっくりと鼻呼吸を続けながら、目線だけ上へ上へと向かいます。天井を見るように目の下が伸びているのを感じるまで行いましょう。あごは上げず、顔は正面のまま10秒間キープします。
※顎関節症、めまいをおこしやすい場合はキープ時間を短くして行いましょう。

 

■見た目年齢−5歳!?すぐできる「クマ」撃退法3つ 

・ホットタオルで血行促進
温めた蒸しタオルを乗せて、目の周りの血行を良くしてあげましょう。さらに、冷やしたタオルと交互に乗せれば、その刺激で収縮した血管を元通りにでき、効果がアップするそうですよ。

・目の体操で凝りをほぐす
1.ウィンクを繰り返して目の周りの筋肉をほぐします。
2.右回りに眼球を2~3周グルグル。左回りも同様に。目の縁を見るような感じでゆっくり行います。
3.寄り目にして5秒キープし、戻してリラックスしましょう。

・ビタミンCをたっぷりとって
メラニン色素をなくすダブル効果が期待できる、ビタミンCを多く含む食品を積極的に摂りましょう。ブロッコリー、アセロラ、柿など。

楽しい集いも、クマを蓄えたお疲れ顔のままでは女性として恥ずかしいですよね。ぜひ、クマの撃退法を取り入れてみて下さいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
師走の疲れを吹き飛ばす!心身の疲れを癒す「チャイルドポーズ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

クマ_まとめ

Related Article関連記事

最新の記事