LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

仕上がりアップ!今見直したい「ファンデーション選び」の基本

平田ちかこ

hirata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

メイクに欠かすことのできない「ファンデーション」。今まで使っていたものから変えてみたくても、さまざまな種類があって、どれを選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

仕上がりアップ!今見直したい「ファンデーション選び」の基本

年々、お肌の状態は変わります。ベースメイクはメイクの基本。見せたいイメージや肌悩みによって、ファンデーションを変えると、仕上がりも変わってきます。
肌質や年齢、仕上がりの好みに合わせた、ファンデーションの種類と賢い選び方、そして仕上がりがアップする塗り方を、まとめてご紹介します。

■目次
1.ファンデーションの種類と特徴
(1)パウダーファンデーション
(2)ルースファンデーション
(3)リキッドファンデーション
(4)クリームファンデーション
(5)クッションファンデーション
2.ファンデーションの選び方
(1)手軽さ重視ならパウダーファンデーション
(2)薄付きが好みならルースファンデーション
(3)乾燥が気になるならリキッドファンデーション
(4)しっかりメイクを長時間キープしたいならクリームファンデーション
3.ファンデーションの色の種類と選び方
(1)肌に合わせた上手な色の選び方
(2)失敗しない選び方のコツは、きちんと試すこと
4.ファンデーションの基本の塗り方
(1)ベースをしっかり整えよう!
(2)メイク下地でファンデーションをより美しく仕上げる
(3)ファンデーションの基本の塗り方
 (i)パウダーファンデーション
 (ii)リキッドファンデーションとクリームファンデーション

■1.ファンデーションの種類と特徴

選ぶのに困るほどいろんな種類があるファンデーション。自分が使ったことのあるもの以外は、よくわからないという方も多いでしょう。どんな種類があるのか、代表的なものを見てみましょう。

ファンデーションの種類と特徴

(1)パウダーファンデーション

ファンデーションのなかでも代表的なものが、パウダーファンデーション。元々パウダー状だったファンデーションを固形したもので、持ち歩きにも便利なアイテムです。

メイク下地やルースパウダーを合わせて使うことが多いのが特徴です。余分な皮脂を吸収してくれるため、油浮きせずムラになりにくいメリットがあります。油分が少なくさらっとし仕上がりも魅力です。

(2)ルースファンデーション

固形タイプのパウダーファンデーションとよく似ているファンデーションがルースファンデーション。パウダーファンデーションを固形にせず、粉末のままにしたものです。パウダーファンデーションより軽い付け心地で、ナチュラルに仕上がります。

(3)リキッドファンデーション

パウダーファンデーションよりさらに艶がほしい場合は、リキッドファンデーションがおすすめ。水分が多く含まれているファンデーションで、伸びやすいのが特徴です。そのため、薄付きで透明感のある肌へ導いてくれます。

(4)クリームファンデーション

カバー力が高いファンデーションといえば、クリームファンデーション。その名の通りクリーム状のファンデーションで、乳化しているタイプが一般的です。

リキッドファンデーションと比べて、水分が少ないのが特徴。シミなどの肌トラブルをしっかりカバーして、長時間メイクをしていても崩れにくいアイテムです。

(5)クッションファンデーション

今までのファンデーションとは一味違う、新しい質感のファンデーションとして注目されているのが、クッションファンデーションです。クッションのような柔らかい素材のスポンジに、ファンデーションをしみ込ませています。手を汚さずにメイクでき、艶感のあるお肌に仕上げてくれるアイテムです。メイク直しが簡単なのもおすすめポイント。

■2.ファンデーションの選び方

代表的なもので5種類ほどが挙げられるファンデーション。重視するポイントによって、自分にピッタリなものが変わってきます。

ファンデーションの選び方

(1)手軽さ重視ならパウダーファンデーション

脂性肌や混合肌タイプ、ニキビ肌におすすめ

ファンデーションのなかでもポピュラーな固形タイプのパウダーファンデーションは、油分が少なく軽い仕上がりのため、脂性肌や混合肌タイプ、ニキビ肌の方におすすめです。油浮きやメイク崩れが気になる部分には、ルースパウダーを重ねておくとメイク崩れを防いでくれます。

メイク直しが多い方にも

ポーチなどに入れて持ち運びやすいので、メイク直しをよくする方にもぴったりです。

(2)薄付きが好みならルースファンデーション

皮脂が気になる肌にぴったり

粉末タイプのルースファンデーションは、薄付きの仕上がりが好みの方におすすめ。油分が少ないので、脂性肌にももってこいのアイテムといえます。薄付きなので、素肌にトラブルが少ない方に適しています。

ブラシでつけることがほとんどなので、メイク直しをしたい場合は、携帯用のブラシを持っておくと便利です。パウダーファンデーションやリキッドファンデーションと重ねて、カバー力をアップさせて使う方法もあります。

肌に自信がある方向け

素肌っぽさを演出できるルースファンデーションは、主に20代におすすめのファンデーションです。ストレスなどの影響で敏感になった肌には、刺激が少ないミネラル成分のルースファンデーションを選ぶといいでしょう。

(3)乾燥が気になるならリキッドファンデーション

潤い重視ならリキッド

リキッドファンデーションは、肌に潤いをプラスしたい方におすすめです。水分が多く含まれているので、乾燥が気になる方にぴったり。メイクのトレンドでもある艶感のある肌へ導いてくれるファンデーションです。

トラブルが気になり始めた肌に

乾燥などのちょっとしたトラブルが気になり始める30代以降におすすめのファンデーションが、このリキッドタイプ。ニキビなどの肌荒れが気になる場合は、天然鉱物を使って作られたミネラルタイプのリキッドファンデーションを使ってみましょう。

(4)しっかりメイクを長時間キープしたいならクリームファンデーション

カバー力重視

リキッドよりさらにしっかりとした付け心地なのが、クリームファンデーション。カバー力が抜群で、お肌のトラブルを感じ始める30代はもちろん、40代にもおすすめです。カバー力のみならず、保湿効果にも優れています。

メイクがしっかり長持ち

リキッドファンデーションのようにさらっとしたテクスチャーではなく、クリーム状の硬いテクスチャーのため、より肌に密着するのが特徴です。長時間のメイクにも耐えられる優秀ファンデーションといえます。

■3.ファンデーションの色の種類と選び方

色の種類が豊富なファンデーション。どんな色があって、どうやって選べばいいのかを知っておくと、メイクの仕上がりも一段とアップします。

ファンデーションの色の種類と選び方

(1)肌に合わせた上手な色の選び方

ファンデーションの色選びは、元の肌色に合ったものや、より肌色を美しく見せてくれるものを選ぶことが大切です。日本人の肌色としてポピュラーな黄色みがかった肌にはオークル系、色白と呼ばれる肌にはベージュ系、青みがかった寒色系の肌にはピンク系が基本です。

オークル系は、肌色をナチュラルな仕上がりに見せてくれます。メイクをして時間がたつと、濃い色味になることがあるので、ピンク系や薄いベージュ系のパウダーでメイク直しをすると、より美しくナチュラルです。

黄色みが強い肌の場合には、ベージュ系をチョイスするとくすんで見える場合があるので、オークル系のカラーを選ぶように注意しましょう。

元々赤みが強い肌の場合は、赤みをカバーしてくれるベージュ系を選ぶと透明感のある肌に仕上がります。

健康的な色黒の肌には、ベージュオークル系が向いています。

(2)失敗しない選び方のコツは、きちんと試すこと

肌にしっかりなじむファンデーションを上手に選ぶには、実際に試してみるのがおすすめです。手の甲に塗って試すのではなく、きちんと顔につけて試しましょう。フェイスラインから首筋、デコルテの肌色としっかりなじんでいるか確認することで、正しいカラーが選べます。

一度に何色か塗ってみると、違いが分かりやすく、一番肌に馴染んでいるカラーが見つけやすくなります。

■4.ファンデーションの基本の塗り方

普段何気なくお肌に塗っているファンデーションにも、正しい塗り方があります。基本を守ってファンデーションを塗ることで、より美しく、よりメイク崩れしない仕上がりを目指すことができます。詳しいやり方を見てみましょう。

ファンデーションの基本の塗り方

(1)ベースをしっかり整えよう!

まずはベースが大切です。洗顔後、化粧水と乳液を使って肌を整えます。化粧水は、コットンになじませて肌にやさしく塗るか、手のひらで肌をやさしく抑えるようにして塗りましょう。乳液は指の腹を使ってやさしく肌に馴染ませます。

化粧水や乳液をしっかり肌になじませることで、ファンデーションの色ムラや化粧崩れを防いでくれます。乾燥が気になる部分には、乳液や美容液を重ね付けしておくのもポイントです。

(2)メイク下地でファンデーションをより美しく仕上げる

肌が整ったら、次はメイク下地を塗りましょう。パールくらいの量を手に取り、顔全体にムラなく伸ばしていきます。少しずつ指にとり、鼻や頬、口元や目元などに付けてから全体に伸ばす方法もおすすめです。

メイク下地を塗っておくことでファンデーションがムラになることを防ぎ、密着度もアップします。

(3)ファンデーションの塗り方

(i)パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、スポンジに軽く馴染ませてから塗ります。ムラにならないよう、まんべんなく薄く塗るのがコツです。シミやニキビなどの気になる部分には、軽く指で重ね付けして、ポンポンとやさしくたたくように仕上げましょう。

(ii)リキッドファンデーションとクリームファンデーション

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、主に手で塗る方法とスポンジで塗る方法があります。基本的には、どちらもやさしくパッティングするようにして塗るのがコツです。パッティングすることで、より肌なじみがよく、ムラになりにくいメリットがあります。

小鼻や目元、口元などの細かい部分は、スポンジを折りたたむなどして、丁寧に塗りましょう。スポンジは常に清潔なものを使うことで、肌トラブルを防ぐことができます。週に1度程度は洗うことを心がけましょう。

ブラシを使った上手な塗り方

より艶感のある仕上がりを目指すなら、ブラシを使う方法もあります。手の甲にリキッドファンデーションまたはクリームファンデーションをのせます。ブラシの片面だけにファンデーションを馴染ませ、肌に塗りましょう。次に、ファンデーションを付けていない側のブラシ面を使い、放射状に広げます。仕上げに、ブラシでパッティングして、肌に馴染ませれば完成です。

ファンデーションを上手に選んで、メイクをもっと楽しみましょう。

ファンデーションを上手に選んで、メイクをもっと楽しみましょう。そのためには、各ファンデーションの特徴や、自分自身の肌質や肌色をしっかり理解することが大切です。肌の悩みやライフスタイルに合わせた、あなたにぴったりなファンデーションを見つけましょう。

(美容ライター/子育てママライター 平田ちかこ
美容クリニックを有するエステサロンでの勤務を活かし、幅広いジャンルで活動中のママライター。)

【関連記事】
色を重ねるのがポイント!クマ隠しに◎なコンシーラー活用術
老け見え注意!トレンド「ブラウンメイク」の落とし穴5つ
“眉消え”の原因は2つの油!?「落ちにくい眉」の描き方
「疲れてる?」と言わせない!笑顔に見せる、リップメイク術

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2018-01-23 18.35.33

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら