LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ビタミンB12不足に◎「ニュートリショナルイースト」料理

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ベジタリアンやヴィーガンの方、そして、美と健康のために野菜中心の食生活を心がけている方に、ぜひ気を付けていただきたいのが、「ビタミンB12の不足」です。

ビタミンB12不足に◎「ニュートリショナルイースト」料理

そこでおすすめしたいのが「ニュートリショナルイースト」。

ローフード・マイスターであり、現在も菜食を続けている筆者も愛用しています。このアイテムを使った、美味しいレシピをご紹介します。

■ベジタリアンの方はビタミンB12不足に!?

ベジタリアンやヴィーガン、野菜中心の食生活を送っていても、雑穀類、豆類、豆製品、海藻類などをしっかりとっていれば、たんぱく質をはじめ、各種のビタミンやミネラルを補給することができます。

ただし、ビタミンB12は、レバー、さんま、かつお、貝類といった食品に含まれているので、動物性食品を取らない、あるいは、極力少なくとる食生活を送っている場合は、どうしても不足してしまうのです。

■ビタミンB12が美味しくとれる「ニュートリショナルイースト」

ビタミンB12が不足すると、貧血や睡眠のリズムが乱れるといった心配があります。そこで利用したいのが、「ニュートリショナルイースト」。

さとうきびを使って培養した酵母を、不活性化させて乾燥させたもので、たんぱく質やビタミンB群の供給源として大変優れている食品。常備しておくと安心な一品です。

■ニュートリショナルイーストを使ったレシピ3選

ニュートリショナルイーストは、粉チーズに似た風味があるため、サラダやスープに加えて食べるのがおすすめですが、ひと手間かけるととびきり美味しくいただけます。

(1)ニュートリショナルイースト・ドレッシング

購入したものの、余ってしまいがちなナンプラーとバルサミコ酢を活用します。サラダはもちろん、炒め物のソースとしてもどうぞ!

材料

・ニュートリショナルイースト 大さじ1
・ナンプラー 大さじ1
・バルサミコ酢 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

作り方

ナンプラー、バルサミコ酢、オリーブオイルをよく混ぜ、完全に混ざり切ったところでニュートリショナルイーストを加え、さらに混ぜれば完成です。

(2)ニュートリショナルイーストのチーズ風ソース

とてもリッチな味わいで高栄養。温野菜、マッシュポテトやパスタなどの味付けに最適です。

材料

・ニュートリショナルイースト カップ1/2
・豆乳 カップ1/2
・オリーブオイル カップ1/4
・しょうゆ 大さじ1
・絹ごし豆腐 半丁
・ガーリックパウダー 大さじ1
・ドライバジル 大さじ1/2
・ブラックペッパー お好みで

作り方

材料をすべてミキサーに入れて撹拌します。その後10分ほど置いて、味をなじませれば完成です。

(3)ニュートリショナルイーストのおつまみ豆腐

ワイン好きの方におすすめの一品です。クラッカーに乗せたり、野菜スティックと合わせても◎。

材料(2~3人分)

・ニュートリショナルイースト 大さじ2
・木綿豆腐 1丁
・白みそ 大さじ2
・ゆず胡椒 小さじ2

作り方

(1)木綿豆腐は、2枚重ねにしたキッチンペーパーに包んで、ラップをかけずに電子レンジ(600W)で2分30秒加熱し、水気をしっかり切ります。
(2)(1)とニュートリショナルイースト、白みそ、ゆず胡椒をよく混ぜ合わせ、タッパーに移して冷蔵庫で1日ほど寝かせ、味をなじませて完成です。

ベジタリアンの利点は、当然ながら野菜不足にならないことです。ですが、栄養のバランスに気をつけたいもの。ちょっと面白いこんなアイテムを使って、毎日の食生活を楽しく演出していきたいですね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

【参考】
成分情報 ビタミンB12 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

「ビタミンA」を含む食べ物

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら