LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

「顔のたるみ」リフトアップ!小顔を手に入れるテクニックまとめ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

30代・40代のエイジング世代ともなると、鏡に映るたるんだ顔に、驚かされることもしばしば…。「美ラインフェイス」を手に入れるリフトアップテクニックを過去記事の中から厳選してご紹介。

リフトアップ_まとめ

■「すっきりVフェイス」を手に入れる習慣3つ 

 

(1)よく噛んで食べる
口周り、顎周りの筋肉を鍛えることに繋がります。3度の食事の際に心掛けるだけで、口から顎にかけての印象が変わります。ほうれい線を解消したい方にもおすすめ。

(2)マッサージ
フェイスラインは老廃物が溜まりやすい場所。リンパの流れに沿ってマッサージして、フェイスラインをすっきりとさせましょう。

  1. 手の滑りをよくするようクリームやオイルを顔に馴染ませる。
  2. 額からこめかみに。こめかみから耳のつけねのリンパに老廃物を流す。
  3. 目頭からこめかみに。こめかみから耳のつけねのリンパに向かって老廃物を流す
  4. ほうれい線部分に両手の人差し指を寝かせるように添え、頬から耳のつけねに向かって老廃物を流す。

(3)グッズの活用
顔がたるむ原因の1つに「表情筋の衰え」があります。マウスピースなどのグッズを使用して口周りの筋肉を鍛えることも有効な手段です。

 

■即リフトアップ「美ラインフェイス」ヨガ

「美ラインフェイス」のつくりかた

1. 左手を斜め45度に伸ばし、親指、人指し指、小指だけ伸ばします。右手は中指をこめかみに、薬指を瞼の上に添えて斜め上に引き上げましょう。このとき、体はまっすぐを意識して。

9neta_yoga1

2. こめかみを引き上げたまま、息を吐きながら頭を右に倒します。左手が上がらないように姿勢をキープしましょう。指先まで筋肉が伸びるのを意識し、伸びているのを感じましょう。

3. 顔を倒している方向の斜め下に向かって舌を出し、お腹の中から思い切り、5回ほど息を吐き出します。舌をしまい姿勢を元に戻します。このセットを反対側も行ないます。

9neta_yoga2

■「母に似てきた」と思ったら!リフトアップ「顔ヨガ」

「くちゃくちゃぱっ」のポーズ

顔全体の血行、リンパの流れを促進、むくみを改善。肌ツヤを取り戻す効果も。

1.目を開けてまま息を吸って、思い切り吐きます。この時「シューッ」と音を出しながら10秒目安で息を吐きましょう。顔のパーツを真ん中に寄せるイメージです。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

2.最後まで息を吐ききったら、顔全体を大きく広げるように目と口を開きましょう。その後、力を抜いてリラックス。2〜3回繰り返します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

お顔のリフトアップには、なにより直接働きかけるエクササイズが必須です。日ごろから鏡をみるよう心がけ、たるみが解消されていることを実感してくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
顔も「形状記憶」したい!ほうれい線・たるみ解消のための心掛け4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

リフトアップ_まとめ

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事