LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

理想のウエストラインに!プロが教える「美くびれエクサ」

長坂靖子

Img0973

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

単に細いだけではなく、メリハリある曲線美の要は、「くびれのあるウエスト」です。ですが、くびれがあればいいというものではありません。理想は、くびれの位置が高く、左右差がないことです。

理想のウエストラインに!プロが教える「美くびれエクサ」

それには、くびれを作る腹斜筋を鍛えることと同時に、骨盤の左右のバランスも整える必要があります。

■美しいくびれを阻害する日常で辞めたい3つのNG動作

どんなにエクササイズをしていても、日常で阻害する動作をしていたら効果はあらわれません。特に、下記にあげた3つの動作は要注意です。

・脚組み
・片足立ち
・猫背

この動作を日常で行っていると、エクササイズの効果を得ることは難しいため、クセになっている人は注意しましょう。

■理想的な曲線美のウエストラインを目指すエクササイズ

骨盤のバランスを調整し、高い位置にくびれをつくるエクササイズをご紹介します。

左右差がなく、高い位置のくびれラインを目指すには、腹斜筋を強化し、骨盤の左右のバランスを整えることが大切です。

エクササイズのやり方

両足を肩幅に広げます

(1)両足を肩幅に広げます。

両手を床の方に伸ばします。このとき、膝を曲げたりせず、骨盤が傾かずに床と平行の位置にあるようにしましょう

(2)両手を床の方に伸ばします。このとき、膝を曲げたりせず、骨盤と床が平行の位置にあるようにしましょう。

片手を上にあげます。このとき、床に伸ばした手と上げた手ができるだけ一直線になるように、上半身をねじります

(3)次に、片手を上にあげます。このとき、床に伸ばした手と上げた手が一直線になるように、上半身をねじります。骨盤からねじるように意識しましょう。この状態で10秒間キープします。

(4)(3)を3回行います。反対の手も同様に行いましょう。

頭を下げるエクササイズですので、急に頭をあげると血流が変動し、立ちくらみを起こすことがあります。ご自身のコンディションをふまえて、無理のない範囲で行ってください。

左右差が感じられるときは、やりにくいほうを再度行いましょう。背筋を伸ばして身体を支えることは、体幹を鍛えることにつながります。

理想的なくびれをつくるには、おへその位置にくびれがくることを目安にしてみましょう。バスタイムに意識してチェックしてくださいね。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂 靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
お風呂で3分!身体を洗いながら背中をほぐす、美背中エクサ
ぽっこりお腹解消!時短でも結果を出す「おうち美腹エクサ」
冬太り解消!痩せ効果バツグンの進化形「三角のポーズ」
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2018-02-06 16.55.52

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事