LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

そのブツブツ・ザラザラ大丈夫?背中ニキビの解消法3つ

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

 顔にはニキビができにくい方でも背中のニキビにお悩みの方は意外に多いのではないでしょうか。ドクターシーラボの調査によると、約半数の女性が「他人の背中を見てギョッとした経験がある」とのこと。「ギョッとした」理由は「ニキビやニキビ跡、ざらつき」が堂々の1位でした。簡単に自分の目で見ることができないパーツだからこそ、念入りにケアしておきたいですね。92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s

背中は皮下脂肪が少なく、皮脂腺の発達がみられる部分です。つまり、実は背中は油分の多いパーツということになります。見過ごされがちですが、この特徴をふまえて、ケアしてみましょう。

 

■背中のブツブツ・ザラザラ解消法3つ

1. ボディ用の保湿アイテムを見直して!

油分は時にニキビの大敵となります。背中にニキビができやすいにも関わらず、ボディクリームやミルクなど油分を多く含むコスメを使用している方は、化粧水にチェンジしてみましょう。

 

2. 「お風呂から出る直前の」1ステップを習慣に

入浴時には、ゆったりと背中までお湯に浸かり、しっかり石鹸を泡立てて背中の油分をきれいに落とすことが大切です。自分ではなかなか手を伸ばせない場所ですから、長めのボディタオルやブラシを使用するなど隅々まできれいに洗うことができるよう工夫してみましょう。また、流したシャンプーやトリートメントは意外と背中に残りがち。お風呂から出る直前の一番最後に、しっかりめに背中をすすぐ習慣をつけましょう。

 

3. インナーを選ぶなら「綿」がおすすめ

背中は前述の通り皮脂腺が発達している部分ですから、汗をかきやすい部分でもあるのです。汗もニキビの大敵。夏場は特に小まめにふき取ることが大切ですが、外出先では難しいかと思います。そこでお勧めしたいのが、綿素材のインナーを身に付けること。綿は汗の吸収がよいだけでなく、通気性がよいという特徴があります。夏はブラの上に直に洋服を着るという方が多いかもしれませんが、夏こそ綿素材のインナーを身に付けることをお勧めします。

 

■「背中ニキビ」で注意したいこと

慢性化している場合は、ニキビであってもセルフケアでの完治が難しい可能性が。医師の診断を受けるのがベストです。また、市販のニキビ薬などを塗り、上記のことを心掛けているにも関わらず改善しない場合は「マラセチア」というカビが原因かもしれません。この場合も早めに医師の診断を受けることをお勧めします。

今年の夏は肌見せファッションが流行しています。つるつるピカピカの背中で、思い切って背中見せファッションを楽しまれてはいかがでしょうか。

【関連記事】
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版

【参考】
夏はすぐそこ!なんと!約半数が人の背中を見てギョッとしている!-ドクターシーラボ
※吉木伸子著『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』池田書店

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事