LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

1月10日は明太子の日!明太子の最強ダイエットレシピ3選

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

1月10日は、「明太子の日」です。明太子はとても愛されている食材ですが、太ると敬遠されている食べ物でもあります。なぜなら、ご飯やパスタと最高に相性がいいから! 明太子のうま味に誘われて、ついつい糖質をとり過ぎてしまいます。

1月10日は明太子の日!明太子の最強ダイエットレシピ3選

ならば、「糖質と組み合わせない美味しいレシピ」でいただいてみてはいかがでしょう。明太子にはダイエット効果も期待できます!

■明太子の「カプサイシン」は脂肪燃焼に◎

明太子とは、スケトウダラの卵巣を唐辛子で漬け込んだものです。唐辛子には、「カプサイシン」という、脂肪の燃焼をうながしてくれる成分が含まれています。

美味しくカプサイシンがとれる明太子は、むしろダイエット向けの食材。ひと腹40~60Kcalと低カロリーでもあるので、上手に取り入れていきたいものです。

■糖質と組み合わせない美味しいレシピ

明太子を太らずに楽しむためには、糖質と組み合わせないのが鉄則です。糖質オフで満足感もしっかり味わえる、最強のレシピをご紹介します!

(1)明太子と青シソの油揚げカナッペ

カリッとした香ばしい油揚げと明太子の風味がよく合います。ワインのお供にも◎。

材料(2人分)

・明太子 2腹
・青シソ 10枚
・油揚げ 2枚

作り方

(1)明太子は袋から出してほぐし、千切りした青シソとよく混ぜ合わせておきます。
(2)油揚げは2つに切って、フライパンで両面をカリッと焼きます。
(3)(2)に(1)をトッピングして完成です。

(2)明太子と白菜のシャキシャキサラダ

旬の白菜の甘みが引き立ち、もっと食べたくなる簡単なサラダです。

材料(2~3人分)

・白菜 300g
・明太子 2腹
・レモン汁 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

作り方

(1)白菜は筋に沿って細切りにしておきます。
(2)明太子は袋から出してほぐし、レモン汁とオリーブオイルでよく混ぜておきます。
(3)(1)を(2)でよく和えれば完成です。

(3)明太子ときのこのプチプチマリネ

明太子のプチっとした食感が、きのこをいっそう美味しくしてくれます。

材料(2人分)

・明太子 2腹
・しめじ、えのきだけ、しいたけなどお好みのきのこ 300g
・ホタテ貝柱缶 1缶
・長ネギ 10cm
・オリーブオイル 大さじ1

作り方

(1)お好みのきのこは、石づきをとってほぐし、食べやすい大きさに切り、耐熱容器に入れて、600Wの電子レンジで4~5分加熱します。
(2)長ネギはみじん切りにしておきます。
(3)明太子は袋から出してほぐし、ホタテ貝柱缶(汁は捨てません)と(2)とオリーブオイルとよく混ぜ合わせます。
(4)(1)と(3)をよく混ぜ、10~15分ほど置いて味をなじませれば完成です。
※電子レンジの加熱時間は、お使いの機種によって様子をみながら加減してください。

大好きな食べ物だからこそ、太らないように工夫していただくのは、楽しい食生活に欠かせないことです。今年も新しい味、新しいアレンジをたくさん見つけてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

【参考】
成分情報 カプサイシン – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-26 18.32.45

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら