LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ハマる!パクチニストも大満足の「パクチーレシピ」3つ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

このところ、すっかりファンが増えて、安定の人気を誇っているパクチー。パクチー味のポテトチップスやヌードルも見かけるようになり、パクチー好きの「パクチニスト」たちに喜ばれています。

ハマる!パクチニストも大満足の「パクチーレシピ」3つ

パクチーをご自宅でお料理したことがありますか? パクチーは、タイやベトナム料理店で食べるもの、と思っていてはもったいないです。

その美容効果を考えたら、自宅でも気軽にとりたいものです。手軽なアレンジレシピをご紹介します。

■パクチー、別名「コリアンダー」

スーパーでなかなかパクチーが見つからない場合、商品によっては、「コリアンダー」という名前で、ハーブコーナーに置いてあることがあります。

これは、英語圏ではパクチーをコリアンダーと呼んでいるためです。ちなみに中国では、香菜(シャンツァイ)と呼びます。

■デトックスからリラックスまで

パクチーには、身体にたまった毒素を出す解毒作用があるといわれています。

また、老廃物を体外に排出する効果のある葉緑素はもちろん、カロテン、ビタミンC、ビタミンEなど、美肌作りやアンチエイジングに欠かせない栄養素を豊富に含んでいます。

さらに、独特のその香りは、精神的な疲労感を和らげ、気分を前向きにさせてくれるといわれています。忙しくストレスをためがちな私たちにとって嬉しいハーブです。

■パクチニストに捧げる手軽なパクチーレシピ3つ

パクチーを日常の食生活にとり入れるためにおすすめしたいのが、セリや三つ葉、青シソといった香味野菜と同じように考えることです。

(1)パクチージェノベーゼ

これはもう、絶対に作っていただきたい一品です。パスタのほか、蒸した野菜や肉、白身魚にもベストマッチ!

材料(3~4回分)

・パクチー 1束
・にんにく 1かけ
・くるみ 30g
・粉チーズ 30g
・オリーブオイル 1カップ
・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)パクチーはざく切りにしておきます。
(2)(1)とにんにく、くるみ、粉チーズ、オリーブオイルをなめらかになるまでミキサーにかけます。
(3)(2)を塩、こしょうで味を調えれば完成です。

(2)パクチーバーグ

淡泊な鶏むね肉が、パクチーの風味でリッチな味わいに。

材料(4人分)

・鶏むねひき肉 300g
・パクチー 1束
・玉ねぎ 1個
・卵 1個
・パン粉 大さじ3
・ナツメグパウダー 適宜
・塩、こしょう 適宜
・オリーブオイル 大さじ1
・白ワイン 大さじ1

作り方

(1)パクチーと玉ねぎをみじん切りにしておきます。
(2)ボウルに(1)と鶏むねひき肉、卵、パン粉、ナツメグパウダー、塩、こしょうを入れてよくこねます。
(3)(2)を4等分して成型し、オリーブオイルをしいたフライパンで、両面に焼き色がつくまで焼きます。
(4)(3)に白ワインを回しかけて蓋をして蒸し焼きにします。火が通れば完成です。

(3)たことパクチーのナムル風

パクチーとごま油のコラボはクセになります。

材料(2人分)

・たこの足 1本
・パクチー 1束
・玉ねぎ 1/4個
・塩、こしょう 適宜
・ごま油 大さじ1

作り方

(1)たこの足はスライスし、パクチーは粗く刻んでおきます。
(2)玉ねぎはスライスして5分ほど水にさらし、水気を切っておきます。
(3)(1)と(2)とごま油をボウルに入れてよく混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を調えれば完成です。

はじめは嫌いだったけれど、食べているうちに大好きになってしまったという方が多いパクチー。

苦手だと思っているあなたも、ぜひ数回は食べてみてください。きっとある日突然、ハマってしまう日が来ますよ!

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

【参考】
成分情報 コリアンダー – わかさ生活
成分情報 葉緑素 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-26 14.51.13

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら