LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ゆるくてOK!心も身体も軽やかになる「ゆるベジ」のすすめ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

2018年、食のトレンドとして注目を浴びそうなものに「ゆるベジタリアン」があります。

「ゆるベジタリアン」とは、厳格でなく、ゆるいルールの菜食生活のこと。ゆるいルールなら、トライすることもできるのではないでしょうか。

ゆるくてOK!心も身体も軽やかになる「ゆるベジ」のすすめ

そんな「ゆるベジ」に興味津々のあなたに、ローフード・マイスターの筆者が、無理なく、美味しく野菜中心の食生活を送るヒントをお伝えします。

■動物性の食品を減らすと疲れにくくなる!?

ベジタリアンと言えば、肉や魚、卵を食べないというイメージがありますが、すべてカットしなくても、まずは減らしてみるだけでOKです。

最初に実感するのが、身体が疲れにくくなることです。動物性の食品は、消化するためにたくさんのエネルギーを必要とするからです。

■野菜や果物の摂取量が増えて腸内環境も改善

ゆるベジ生活をはじめると、特に心がけていなくても、肌の調子がよくなったり、体重が減ることがあります。

野菜や果物を食べる量が増えることで、ビタミンやミネラル、食物繊維の摂取量も増え、腸内環境がよくなったためです。

■「ゆるベジ」生活を実践するうえで心がけたいこと5つ

菜食中心の生活をはじめると、身体に快適な変化が起こるため、野菜と果物だけとっていればいいと、無理な食生活を送ってしまう方もいます。

それでは身体に必要な栄養素が足りなくなります。野菜や果物以外の食材も、きちんととってください

ゆるベジ初心者の方に、ぜひ心がけていただきたいことをご紹介します。

(1)植物性のたんぱく質をしっかりとる

菜食生活で心配なのは、たんぱく質が不足することです。

肉や魚、卵を減らした分、大豆や納豆、豆腐、油揚げなどの植物性のたんぱく質をきちんととっていきましょう。特に、豆料理のレパートリーを増やすことをおすすめします。

ぜひストックしていただきたいのが、「レンズ豆」です。水戻しの必要がないので、そのままスープに入れて煮込んだり、茹でてサラダに加えるなど、とても手軽に調理ができます。

(2)間食にはナッツ類がおすすめ

野菜中心の食生活をはじめると、お腹が空きやすくなる方も多いようです。そんなときの間食には、ナッツ類が最適。

コンビニで手軽に買えるアーモンドやカシューナッツには、便秘改善や貧血予防が期待できます。甘いお菓子に手を伸ばすなら、食べごたえがあり、お腹にたまるナッツ類が正解です。

(3)種子類に親しむ

ナッツと並んでとっていただきたいのは、「種子類」です。ヒマワリの種やかぼちゃの種などは、ビタミン、ミネラルが豊富で、栄養の宝庫です。

サラダやヨーグルトにトッピングしても美味しくいただけます。

(4)上質な油脂類をとる

フレッシュな野菜は、質のよいオイルで調理してください。

ω(オメガ)-3が含まれた、「亜麻仁油」「えごま油」でドレッシングを作っていただきましょう。美肌効果、アンチエイジング効果が期待できます。

果物にえごま油をかけていただくのも、風味が増し、とても美味しい食べ方です。

(5)外食の際は好きなものを楽しむ

家族や友人などと楽しむ外食の時は、思い切り好きなものを楽しんでください。

それこそがゆるベジタリアンのいいところ。時には羽目を外すことも、ゆるベジ生活を続けるために必要なことです。

焼き肉などを充分に楽しめば、また野菜中心の生活に戻りたくなる効果も!

ゆるベジタリアンをはじめると、「野菜不足」の悩みがなくなるのは嬉しいことです。心も身体も軽やかになる無理のない菜食生活で、2018年の美と健康を、美味しく磨いてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

【参考】
成分情報 アーモンド – わかさ生活
成分情報 カシューナッツ – わかさ生活
成分情報 ヒマワリの種 – わかさ生活
成分情報 ω(オメガ)-3 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-26 11.16.44

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら