LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

20kg減量ライターが伝授!「太り癖」を断ち切る10の掟

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

しっかり知識をたくわえてダイエットに臨むものの、どうしたものか成果が出ない。また、何とか痩せられても、毎回リバウンドしてしまうというあなた。私はもう痩せられない体質なのだ、とあきらめたりしてはいないでしょうか? 

20kg減量ライターが伝授!「太り癖」を断ち切る10の掟

20kgのメガ・ダイエットに成功した筆者が、次こそ成功するための10の掟をご紹介します。

■ダイエットに挫折するのは「太り癖」のせい!?

太りやすい人、痩せにくい人には、共通する生活習慣、食習慣があります。それは、「太り癖」とも呼べるもの。

この癖を直さないままダイエットをしても、効果は上がりにくいものです。気づいたときがチャンスです。そのNG習慣、やめてみませんか?

■「太り癖」を直す10の掟

(1)ちょこちょこお菓子をつままない

せっかく糖質制限をしていても、この癖が抜けない限り、成功はむずかしいものです。

デスクにお菓子を持ち込むことは、今日からやめましょう

(2)食べることをストレス解消の手段にしない

食べることは楽しいこと。ですが、ストレス解消の手段にすると、「食べることだけが楽しいこと」になりがちです。

ストレス解消は別の方法で! また、食べ物を「自分へのご褒美」にしないことも大事です。

(3)無糖の飲み物に慣れる

太りやすい人は、必ずといっていいほど、甘い飲み物を習慣的に飲んでいます。水分補給のたびに糖分も一緒にとっていては、ダイエットも成功しづらいもの。

飲み物は無糖のものだけと決めるだけで、格段に痩せやすくなります

(4)薄味好きな味覚に変えていく

濃い味はご飯が進みますし、食欲そのものも増進させます。

塩分を控えた食事なら、ちょうどいい量で食事が切り上げられるうえ、むくみも防げます

(5)オーガニックフード、ヘルシーフードに安心しない

太りやすい人は、オーガニックやヘルシーという単語に安心しがち。次の食事で羽目をはずしてしまっては元も子もありません。

どんな食事にもカロリーはあることを忘れないでください

(6)歯ごたえのあるものを好きになる

よく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて早くお腹がいっぱいになることはよく知られていますね。

やわらかなふわふわのパンよりも、かたいフランスパン。ハンバーグよりも噛みごたえのある赤身の肉など、歯ごたえのある食べ物を選ぶ習慣をつけましょう。ひと口30回は噛んでください

(7)朝食を楽しみに、夕食は腹6分目程度に

太りやすい人は、夕食を食べ過ぎてしまって、朝は食べられないということが多いもの。

朝食をとることで、その日の代謝は上がります。朝食が楽しみになるように、夕食の量は腹6分目程度に抑える習慣をつけましょう。

(8)「夕食時にいつもお酒」をやめる

晩酌の習慣があると、お酒のせいで食欲が増進し、どうしても食べ過ぎてしまいます。さらに「シメ」が必要になれば、太らないわけがありません。

日常的に夕食時にお酒を飲むのはやめましょう

(9)腸内環境をよくする食材をしっかりとる

便秘はダイエットの大敵です。身体にとっての不要物をため込まないことが、痩せやすくなる重要ポイント。

アイスクリームの代わりにヨーグルト、フライドポテトより野菜スティックを選ぶなど、乳酸菌と食物繊維を心がけてとってください

(10)「冬でもアイスコーヒーやアイスティーをオーダー」はNG

寒い季節でも冷たい飲み物を好んでいると、身体が冷えてしまいます。冷えは代謝を低くするので、極力温かいものを口にしてください。

また、温かいスープや汁物をゆっくりとることは、食欲の抑制にもつながります

この10の掟をしっかり守れれば、やがて「太り癖」ともお別れできます。できることから実行してみてください。きっとうれしい変化が起こるはずです!

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-16 18.05.19

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら