LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

身体ポカポカ+デトックス!?ホットドリンクのレシピ・淹れ方まとめ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

30代・40代と年齢を重ねるごとに、寒い季節にこそ全身をしっかり温めたいと身に沁みている人も多いのでは? これまでLARがご紹介してきたホットドリンクなら、冷え解消だけでなく、デトックスも期待できる優秀ドリンクがいっぱい! さっそく、チェックしてみましょう。

ホットドリンクまとめ_s

「喉のイガイガ」は乾燥肌の原因に!?対策ドリンクレシピ3つ

(1)ハチミツ大根シロップ
スライスした大根をハチミツに漬けるだけの簡単レシピで作れるシロップが、乾燥した喉の対策に効果大◎。ハチミツは潤いだけでなく、ビタミン・ミネラル・アミノ酸も摂れて美肌が期待できる甘味料。大根は、喉の炎症や声枯れなどに用いられます。

(2)梨と白キクラゲのお茶
水で戻した白きくらげと梨を細かく切り、蓋をして弱火で煮込みます。焦げないよう気を付けながら煮詰めてジャムを作り、お湯で溶いていただきます。葛(くず)を加えて葛湯にすれば、さらに潤い感がUP! 白きくらげ(銀耳)は肌だけでなく喉に潤いを与える効果もあり、楊貴妃も好んで食べたと言われています。梨は喉や肺を潤し、咳を止める効果があるとされています。

 (3)レンコンシロップ
レンコンは、アレルギー症状を緩和させてくれるそう。埼玉医科大学の和合教授によれば、乳酸菌との相乗効果で、さらにアレルギー症状の緩和に効果があるとのこと。喉がイガイガした時には、レンコンをすりおろした絞り汁とヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品と一緒に摂ると良いようですよ。

 

こう飲めば完璧!身体サビ・便秘に◎「ルイボスティー」の淹れ方・飲み方

ルイボスティーには、強い抗酸化作用がある「アスパラシン」という成分が含まれており、体内吸収の良いミネラルバランスを持っています。飲んだ1時間後をピークに減少していくため、1日6杯程度、時間を空けて飲むのがおすすめ。また、お湯を注いで淹れるよりも10分以上煮出して作ったほうが抗酸化力は強まるそう! クセがなく飲みやすいお茶なので、お食事中の水分摂取にもおすすめです。

 

話題の「塩レモン」で目指せ!朝から巡りのイイ女

カラダの不調をリセットしてくれると話題の「塩レモン」には、疲労回復、体内時計のリセットだけでなく、血の巡りをよくしてくれる嬉しい働きが。

(1)代謝スイッチONには
炭酸水+塩レモン+ハチミツ。炭酸水は、胃腸の動きを良くする効果があり、身体を内側から目覚めさせ代謝モードへ。

(2)1日お肌を守るには
トマトジュース+塩レモン+ハチミツ。トマトジュースに含まれるリコピンは、皮膚に蓄積して、紫外線による活性酸素からお肌を守ります。

(3)気持ちの良いスタートを切るなら
フレッシュな柑橘フルーツを絞り、塩レモンとハチミツをプラス。香り成分リモネンは、絞りたてのジュースのほうが多く含まれますから、朝の気持ちの良いスタートを切るなら、塩レモン+フレッシュ柑橘系がおススメ。

喉だけでなく、身体にもしっかり働きかける優秀なドリンクばかり! 風邪予防はもちろん、素敵な声をキープするためにも、積極的に飲んでみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
冬に負けない!「肌代謝」を上げてエイジングサインに働きかける方法

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ホットドリンクまとめ_s

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事