LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

冬太り解消!痩せ効果バツグンの進化形「三角のポーズ」

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

師走に入り、忘年会やママ友会など、美味しい食事やアルコールをたくさん頂く時期になりました。年末年始は多くの人が平均約2キロほど体重が増えると言われています。皆さんは何か対策を立てていますか?

冬太り解消!痩せ効果バツグンの進化形「三角のポーズ」

今回は「痩せ効果抜群のヨガポーズ」をご紹介します。ヨガで痩せるの? と思ったら、まず実践してみてください。その効果に納得するはずです。

■ヨガで痩せるの?

長年ヨガを習慣にしている筆者としては、「痩せます!」と自信を持って言えます。

なぜなら、深い呼吸とともにゆっくりポーズを取るには、筋力が必要です。特に立位ポーズでは、下半身の筋力、バランス力をサポートする体幹の筋力が鍛えられます。

「痩せない、汗すらかかない」という人は、今一度フォームの確認と呼吸とゆっくりとした動きが出来ているかを確認してみて下さい。

■ウッティタ・トリコーナ・アーサナ(三角のポーズ)

このポーズは、ヨガの代表的ポーズと言っても過言ではありません。全身を使ってポーズを取るので、全身の筋力アップやお腹引き締めなど美ボディ効果も期待できます

今回は、定番の完成形から、さらに進化したアレンジポーズで、どんどん無駄な脂肪を燃やしていきます。

また、このポーズは、背骨を半分にねじるポーズの動きを大きくしたもので、脊椎に強烈な横方向のストレッチを与え、脊髄神経をととのえて消化器官の働きもよくしてくれます。

年末年始に習慣化したいポーズと言えそうですね。是非、じっくり取り組んで見てください。

期待出来る効果

・お腹引き締め
・太もも、ヒップライン、二の腕引き締め
・体幹強化などボディラインを美しく整える

ストレス軽減、背中の痛み軽減、肩、胸、背骨のストレッチ、腹部組織の活性化・消化機能改善効果も期待できます。

注意する点

膝を痛めている人、頭痛、下痢、低・高血圧の人は、無理のないように実践してください。

実践回数&期間

週に3〜4回を目安に実践すれば、心身ともに変化を感じられるようになります。

やり方

右爪先は正面に、左つま先は90度横に開き、両手は肩の高さに伸ばすします

(1)右爪先は正面に、左つま先は90度横に開き、両手は肩の高さに伸ばします。この時、手首の下に足首がくるように、足の開き具合を確認してください。

お腹を腰に引き寄せ、体幹を意識しながら、右手を右膝あたりにつけるように上体をまっすぐ倒します。左手は天井方向に伸ばし、胸の真ん中から両手を伸ばし、胸を開きます

(2)お腹を腰に引き寄せ、体幹を意識しながら、右手を右膝あたりにつけるように上体をまっすぐ倒します。左手は天井方向に伸ばし、胸の真ん中から両手を伸ばし、胸を開きます。

あごを軽く引き、目線は斜め前の床や天井方向など首の後ろが伸びる位置に向けましょう。

そのまま左手を耳の横から、まっすぐ前にのばします

(3)そのまま左手を耳の横から、まっすぐ前にのばします。

右手も耳の横からまっすぐ前に伸ばし、そのまま5呼吸キープ

(4)さらに、右手も耳の横からまっすぐ前に伸ばし、そのまま5呼吸キープ! ゆっくり上体を起こしたら、反対側も同様に動作しましょう。

いかがですか? 動作中は、両膝が伸びる位置に手を添えるように。また、お尻が後ろに出すぎて上体が床に向かないように気をつけてください。シンプルな動きこそ丁寧な動きを心がけてください。

(株式会社ボディクエスト・YOGAエクササイズディレクター 森和世
ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-06 17.05.01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事