LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

やなぎさわ えりな

IMG_7057

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

クリスマスや忘年会、年末年始等のイベントが目白押しのこのシーズン。「痩せたい!」「太りたくない!」「でも食べたい!」という女性は多いのではないでしょうか。

止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

ちょっとした工夫で、空腹を満たしながらも太りにくい食べ方ができます。

年末年始の止まらない食欲との付き合い方で、大切なポイント3つをご紹介します。

(1)ベジタブルファーストを徹底する

同じ食事内容でも、食べ方によって血糖値の上がり方が異なります。

血糖値の上がり方をゆるやかにすることによって、インスリン(肥満ホルモン)が抑えられます。食物繊維を多く含む野菜から先に食べることで、食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれます

血糖値急上昇に加え、食べ過ぎも防ぐ

また、食物繊維を多く含む野菜は歯ごたえがあるものが多いので、よく噛むことで満腹感を得られやすくなり、食べ過ぎを防ぎます。

(2)小腹が空いたらおやつはゴールデンタイムに

「小腹すいちゃったな」というときは、14~15時の時間帯に補食を食べることをおすすめします。

この時間帯は消化器官の「膵臓」の活動がピークを迎え、さらに脂肪をため込む「BMAL1」というタンパク質の活動が弱まるため、太りにくいと考えられています。体にもっとも良い効果がもたらされる時間帯「ゴールデンタイム」といえるでしょう。

デザートを食べたいのは食欲ではなくて「クセ」!?

食後のデザートを食べたいときは、就寝前の夕食後ではなく、まだまだ活動量の多い昼食後がゴールデンタイムとなります。

食後のデザートは、「小腹がすいた」というより「クセ」が原因です。飲み会等のイベントが多い年末年始は食後のデザートを控えて、食欲をコントロールしてみてはいかがでしょうか。

(3)噛む回数を増やして早食い防止!よく噛んで顔のたるみもアップ!?

とにかく、噛むこと! これが毎日できるリフトアップ術です。また、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、同じ量を食べても、よく噛んで食べるパターンとあまり噛まずに食べるパターンでは、満腹に至るまでの量に差が出てきます。

よく噛むことで、気になるフェイスラインのたるみも解消!?

年齢が上がるごとに気になる顔の「たるみ」。必要以上に年齢より上に見られることはありませんか?

「たるみ」は、ほうれい線に関係のある筋肉、つまり表情筋の衰えが原因の1つです。その悩みは、毎日の食事から予防・改善することができます。

早食いは肥満のもと。よく噛んで食べることで食べすぎを防ぎ、かつリフトアップできるのは理想ですよね

いかがでしたか? 「食べ過ぎて太ってしまった」「年明けたら別人だった」ということのないよう、実施してみてくださいね。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-03 9.30.58

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事