LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

色を重ねるのがポイント!クマ隠しに◎なコンシーラー活用術

古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年齢を重ねると、疲れが顔に出やすくなりがち。特に、睡眠不足によるクマは悪目立ちしやすいものです。コンシーラーで隠そうとして思いどおりにいかず、苦戦している方も多いのではないでしょうか。

色を重ねるのがポイント!クマ隠しに◎なコンシーラー活用術

今回は「クマをカバーして元気な表情を演出する、コンシーラーを使ったメイク術」をご紹介します。

■クマを隠すコンシーラーのカラーは「オレンジ&イエロー」

クマを隠すコンシーラーは「オレンジ&イエロー」

コンシーラーを選ぶとき、カバー力ばかりを重視していませんか? クマを隠すコンシーラーは、色で決めるのがポイントです。

睡眠不足によるクマを隠したいときは、オレンジとイエローのコンシーラーが大活躍。血色に近いオレンジに明るいイエローを重ねることで、自然にカバーできますよ。

メイクのやりかた

スキンケアの後に化粧下地で肌の状態を整えたら、クマが気になる部分にオレンジのコンシーラーをON

(1)スキンケアの後に化粧下地で肌の状態を整えてから、まずは、クマが気になる部分にオレンジのコンシーラーをON。今回は青みのカバーを実証するために血管の上にのせてみました。

(2)これを軽くたたき込むように伸ばします。クマやくすみが隠れます。

オレンジの上にイエローを重ねてください。先ほどと同じように軽くたたき込むようにのばすと目もとが明るくなり、クマがあることを感じさせない目もとになりますよ

(3)次に、オレンジの上にイエローを重ねてください。先ほどと同じように、軽くたたき込むように伸ばすと目もとが明るくなり、クマがあることを感じさせなくなりますよ。

上記の画像は、イエローまでのせてたたき込んだ状態です。血管の凹凸は隠せませんが、コンシーラーを塗った部分は青みがカバーされたのが、ご覧いただけるかと思います。

■コンシーラーはやわらかいものをチョイス

目もとに使うコンシーラーは、テクスチャーがやわらかいものを選ぶのがコツです。まばたきなど筋肉の動きが激しい部位なので、固めのものを使うとヨレやすくなります

塗るときにコンシーラー用のブラシを使うと、指で塗るのに比べて目尻のような細部にも塗りやすく、均一に色を補正することができます。

■ファンデーションは不要!フェイスパウダーで化粧崩れを防止

コンシーラーを塗った目もとにファンデーションを重ねると、ベースメイクが重たくなります。ヨレや崩れの原因になるため、フェイスパウダーを重ねるだけで十分です。

ただし、目の下の乾燥が気になるからといって、軽くのせる程度ではNG。この部分に油分が多い状態だと、アイメイクが崩れやすくなります。スキンケアで入念に保湿をしておき、フェイスパウダーはしっかりと塗っておきましょう

コンシーラーと一口にいっても、その種類はさまざま。ニキビ跡やシミを隠すコンシーラーと同じものを使うと、理想の仕上がりは実現しにくいでしょう。

オレンジとイエローのコンシーラーがセットになっているアイテムもあるので、クマができやすい方はぜひ試してみてくださいね。

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
“眉消え”の原因は2つの油!?「落ちにくい眉」の描き方
「疲れてる?」と言わせない!笑顔に見せる、リップメイク術

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-08 12.16.45

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事