LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

体重そのままで痩せ見え!?3つの顔型別「立体感メイク術」

古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年末年始の悩みといえば、食べすぎによる体重増加。つらいダイエットはしたくないけれど、できることなら痩せて見せたいのが本音ではないでしょうか?

体重そのままで痩せ見え!?3つの顔型別「立体感メイク術」

そんなときは、メイクの力を借りてみましょう。今回は、ハイライトとシェーディングを使ったベースメイクですっきりとした表情を演出する、大人のコントゥアリングメイク術をご紹介します。

■ファンデーションは“メリハリ塗り”で立体感アップ

全体に均等にファンデーションを塗ると、のっぺりとした印象になります。メイクで立体感をつけるには、塗り方にメリハリをつけることが大切です。

ファンデーションは、厚みを調整しやすいリキッドやクリームタイプをチョイスしましょう。

立体感アップの塗り方

立体感アップの塗り方

まずは、使用量の半分を片方の頬の高いところにON。スポンジを使ってきれいに塗ります。

スポンジに残っているファンデーションを使って、頬全体、顎、額、鼻と塗っていきましょう。これで肌をきれいに見せながら、立体感を演出することができます。

残りの半分も同様に塗ったらファンデーションは完了です。

■フェイスラインがキュッ!小顔効果抜群のシェーディング

ファンデーションを塗り終わったら、フェイスパウダーを塗る前に、クリームタイプのコンシーラーで陰影をつけましょう

年齢を重ねるとフェイスラインがゆるみがちになり、顔が大きく見えることも。フェイスラインにシェーディングを入れて引き締めると、すっきりとした印象になりますよ。

ただし、輪郭の形によって影をつける部分が異なるので、自分の顔立ちにあった方法を試してみてくださいね。

(1)丸顔の人

丸顔の人

丸顔の人は、タテ長に見せることを意識すると、すっきりとした表情になりますよ。顔の側面をそぎ落とすイメージで、3の字を描くように入れるとよいでしょう。

(2)面長の人

面長の人

面長の人は、顔を丸く短く見せるようにシェーディングを入れてください。額と顎を削る感覚で大胆に入れてOKです。

(3)エラが気になる人

エラが気になる人

エラが張っている部分に影をつけて、ほっそりとした印象にしましょう。頬骨までシェーディングを入れるとゴツゴツした印象になるので、エラから顎にかけて入れます。

気になる部分にクリームタイプのコンシーラーを塗ったら、スポンジでなじませてください。シェーディングを入れた部分がくっきり目立たないように、色をぼかしながらなじませるのがポイントです。

■ハイライトで肌のツヤと凹凸を強調

シェーディングの効果をより高めてくれるのが、ハイライトです。

ハリや輝きが欲しい部分、ふっくら見せたい部分にハイライトで光を与えると、陰影がより強調されて立体感がアップしますよ。

(1)丸顔の人

丸顔の人

光を入れすぎると、顔が大きく見える原因になります。特に、顔の両端に入れると丸みを強調してしまうので、眉間や目頭付近にポイント的に入れてください

(2)面長の人

面長の人

面長の人は、横長を印象づけましょう。頬の高い位置の横に、すっと引くように入れます

(3)エラが気になる人

エラが気になる人

眉間や目頭、目尻などにハイライトを入れて、顔の上半分に光を集めると、エラとのバランスが整いやすくなります。

光と影の力を駆使すれば、小顔効果を狙えるだけでなく、理想の顔立ちを演出することができ、美人度も高まります。

体重増加やエイジングでフェイスラインが気になる人は、大人のコントゥアリングメイク術で、ぜひ痩せ見えをかなえてみてください。

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
色を重ねるのがポイント!クマ隠しに◎なコンシーラー活用術
老け見え注意!トレンド「ブラウンメイク」の落とし穴5つ
“眉消え”の原因は2つの油!?「落ちにくい眉」の描き方
「疲れてる?」と言わせない!笑顔に見せる、リップメイク術

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-12-25 15.41.50

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら