LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

気分が沈んだら試して!冷え解消の「脇腹伸ばしストレッチ」

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「木枯らしが舞う時期に人恋しくなったり、物悲しい気持ちになるのはどうして?」と思ったことはありませんか?

気分が沈んだら試して!冷え解消の「脇腹伸ばしストレッチ」

東洋医学では夏から晩秋にかけてを、気持ちも変わりやすく、特に物悲しさを感じやすい時期と言われています。身体的には、皮膚や鼻が乾燥する、喉を痛めやすい、髪の毛がパサつく、便秘になるなど、乾燥による症状も出やすくなります。

今回は、今の時期におすすめの「乾燥を防ぎ、気持ちを上向きにするストレッチ」をご紹介します。是非、寝る前などに実践してみて下さい。

■水分補給で乾燥対策!気持ちも前向きになるストレッチ

「私、鬱かも?」と思ってしまうほど、気持ちが落ちやすいのは季節のせいだとわかったところで、安定した気持ちになる環境作りを始めましょう。

例えば、気持ちが上がるアップテンポな曲を聴く。ワクワクするような映画や本を鑑賞する。好きなアロマを焚く。ストレッチやヨガなどで気の巡りをよくするなどがおすすめです。

また、乾燥による肌荒れや便秘を解消するために、こまめな水分補給や水分を多く含んだ梨や大根、レンコンなどを摂って、普段から潤いのある生活を心がけてください

では、実際に胸を伸ばし、呼吸を深め気の流れをよくし、さらに腸の動きもよくするストレッチをご紹介します。ご紹介する動作は、無理なく脇腹や脇の下などを伸ばすので、リラックス効果も抜群です! 気持ちが沈むという時にも是非、実践して気持ちを前向きに切り替えて下さい。

期待出来る効果

冷え、むくみの改善、疲労改善・ストレス軽減効果などが期待できます。

実践回数&期間

週4回実践を目安にしてください。心身ともに変化を感じられるようになります。

やり方

正座姿勢から両手を前に伸ばし、太ももの上にお腹を乗せたらゆっくり呼吸を繰り返しましょう

(1)正座姿勢から両手を前に伸ばし、太ももの上にお腹を乗せたらゆっくり呼吸を繰り返しましょう。股関節やお尻が痛い人は、膝を開いたり、腰を揺すったりなどしながら、楽に呼吸を繰り返せる位置を探しましょう。

(2)そのまま1分ほど呼吸を繰り返し、お腹の温かさを感じられるくらい、リラックスしましょう。

そのまま左指先を右側に向け、膝の上に腰がくる位置まで右手を前に移動させます。右こめかみを左腕の上につけた状態で、ゆっくり呼吸を繰り返しましょう

(3)そのまま左指先を右側に向け、膝の上に腰がくる位置まで右手を前に移動させます。右こめかみを左腕の上につけた状態で、ゆっくり呼吸を繰り返しましょう。

(4)右の脇腹や脇の下が伸びる感覚を味わったら、ゆっくり(1)の姿勢に戻りましょう。

反対側も同様に動作を繰り返しましょう

(5)反対側も同様に動作を繰り返しましょう。

いかがですか? 深い呼吸で副交感神経も優位になり、身体がじんわり温かくなってくるはずです。特に冷え性の人は、冷たくなりやすい指先、つま先も呼吸とともに温かくなるイメージを持つとさらに効果アップ!

また、普段から猫背姿勢だなと思っている人は、姿勢改善効果も期待できますので、毎日の習慣にしてみて下さい。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世
ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-21 16.14.09

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事