LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

おうちで2分!肩甲骨はがしでスタイルアップする「壁ヨガ」

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寒いとついつい猫背になりますね。猫背は見た目の印象が悪いだけでなく、下腹ポッコリ姿勢や、たるみ顔の原因にもなります。今すぐ直しましょう!

おうちで2分!肩甲骨はがしでスタイルアップする「壁ヨガ」

寒さで猫背になって、肩が前に巻いてしまう癖を改善できる「壁を使ったヨガ」をご紹介します。重ね着や重い厚手のコートなど、冬の着膨れスタイルがもとで起こる、肩甲骨周りや首肩のコリにも効果的です。

■猫背を改善!肩甲骨まわりを動かすメリット3つ

(1)肩甲骨の可動域を広げて、若々しい後ろ姿に

背中が丸く、肩甲骨が埋もれていると、体重以上にモッタリとした印象になります。

肩甲骨の可動域を広げ、綺麗に浮き出た肩甲骨は、若々しい印象の後ろ姿を作ります。普段から動かすことで、五十肩などのトラブルの予防にも。

(2)脇の下を広げて、めぐりをスムースに

脇下を伸ばすことにより、血流とリンパの流れが良くなり、お顔の老廃物も流れやすくなります。

(3)胸を開く姿勢で、スタイルアップ!

胸を広げることで肺が楽になり、呼吸がしやすくなります。

また、胸を張ると自然と腹筋を使うので腰を立てることになり、スタイルアップ効果も期待できます。気持ちが明るくなるメンタル効果もありますよ!

■肩が前に巻いてしまう癖をリセットできる壁ヨガ

壁を使った肩甲骨はがしヨガ。左右両方、トータル2分でOKです。

壁に向かって立ちます。足のつま先が壁に当たるところまで近づきましょう。片腕を肩の高さで横にのばし、手のひらを壁につけます

(1)壁に向かって立ちます。足のつま先が壁に当たるところまで近づきましょう。片腕を肩の高さで横にのばし、手のひらを壁につけます。

壁につけた手をそのままに、つま先を手と反対方向に向けます。つま先をちょこちょこ歩きで歩かせ、90度動かします。 胸が開いて、肩甲骨が背中の真ん中に寄るのを感じながら、1分間腹式呼吸しましょう

(2)壁につけた手をそのままに、つま先を手と反対方向に向けます。つま先をちょこちょこと動かし、90度回転します。胸が開いて、肩甲骨が背中の真ん中に寄るのを感じながら、1分間腹式呼吸しましょう。

(3)片側が終わったら、壁に向かって戻り、反対側も1分間ほど行いましょう。

エクササイズで猫背や肩コリを改善するのも大事ですが、普段からの姿勢にも注意が必要です。長時間のPC仕事、スマートフォン使用時の姿勢にも気をつけましょう。

このエクササイズは、前かがみ姿勢になりがちな子育て中のママさんにもおすすめですよ。1日に何回でも行い、コリや疲労をためないようにしましょう。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか
高津文美子式フェイシャルヨガインストラクター、顔つぼセラピスト。二児の母。お子様連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-30 20.05.35

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事