LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ボジョレー・ヌーボーに合う!「おつまみサラダ」レシピ3つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

11月16日は、ボジョレー・ヌーボー解禁日です。フランスのボジョレー地区で、その年に収穫したブドウから作られるボジョレー・ヌーボーは、フレッシュな味わいが魅力。

ボジョレー・ヌーボーに合う!「おつまみサラダ」レシピ3つ

そんなボジョレー・ヌーボーに合うのは、さっぱりとした料理だそう。野菜をふんだんに使った「おつまみサラダ」レシピをご紹介します。

■大人のアクセントを利かせて!ボジョレー・ヌーボーに合うサラダレシピ3つ

フランスワインの中でも最も熟成期間が短く、軽い味わいのボジョレー・ヌーボー。様々なサラダ料理を提案する、Salad Cafeショップが提案するのは、野菜やハーブをふんだんに使いながらメインにもなる「おつまみサラダ」です。そのポイントは以下の3つ。

・「こってり」よりも「さっぱり」!

・ハーブを使って大人の味に

・旬の野菜を使ってフレッシュに

旬の野菜に魚介類やベーコンなどを加えれば、ボリュームもアップ! 彩り豊かで華やかさも演出できるレシピはこちら。

(1)ハーブグリルサーモンとカマンベールチーズのサラダ

ハーブやトレビス、黒こしょうをきかせて大人の味に。

スクリーンショット 2017-11-13 15.00.04

材料(4人分)

サーモン 1切れ、えび 4尾、さつまいも 1/6本、塩(ミックスハーブ入り) 少々、黒こしょう 少々、オリーブオイル 適量、サニーレタス 1枚、トレビス 1枚、カマンベールチーズ 1/2個、グレープフルーツ 1/2個、ベビーリーフ 20g、セルフィーユ 適量、シーザーサラダドレッシング 40g、粉チーズ 適量

作り方

(下準備)ほうれん草をざく切りにし、下茹でしておく。
(1)サーモンとえびに、塩、黒こしょうで下味をつける。さつまいもは薄切りにする。
(2)フライパンにオリーブオイルをひき、(1)を焼く。サーモンは粗熱が取れたら、一口大に切っておく。
(3)サニーレタス、トレビス、カマンベールチーズを一口大に切り、グレープフルーツは皮をむき、房取りしておく。
(4)お皿に(3)、ベビーリーフを盛りつけ、サーモン、えび、さつまいもをトッピングし、セルフィーユを添える。
(5)シーザーサラダドレッシング、粉チーズをかける。

(2)トスカーナ風さっぱりサラダ

トマトソースに浸したパンがしっとりとして美味しい、イタリアンサラダです。

スクリーンショット 2017-11-13 15.02.51

材料

たこ(ゆで) 20g、セロリ 16g、きゅうり 1/6本、ブラックオリーブ(スライス) 7g、レモン 10g、★フレンチドレッシング…大さじ4強、フランスパン 20g
<トマトソース> 80g、オリーブオイル 大さじ2弱、たまねぎ 63g、にんにく 3g、トマト(水煮缶) 1/2缶、水 大さじ2・1/3、塩 小さじ1/4、砂糖 小さじ1/4、イタリアンハーブミックス 適宜

作り方(2人分)

(1)たこ、セロリ、きゅうりは一口大の乱切り、レモンは銀杏切り、フランスパンは1cm角切り、たまねぎは粗みじん切り、にんにくはみじん切りにしておく。
(2)たこ、セロリー、きゅうり、ブラックオリーブ、レモンをフレンチドレッシングに1時間程度漬ける。
(3)<トマトソースをつくる>オリーブオイルを熱したフライパンで、たまねぎ、にんにくを炒め、トマト、水、塩、砂糖、イタリアンハーブミックスを加えて5分程度煮込む。
(4)(3)にフランスパンを加えて馴染ませ、(2)と軽く混ぜ合わせて皿に盛る。

★フレンチドレッシング
材料(100cc~150cc分)
サラダ油 大さじ4、レモン汁 小さじ1、酢 大さじ2、塩 小さじ1、砂糖 小さじ1/2、こしょう 少々、からし 少々
作り方
(1)サラダ油以外の材料を塩がよく溶けるまで混ぜ合わせる。(2)サラダ油を4~5回に分けて加え、ホイッパーでよく混ぜる。

(3)焼き大根と蓮根のマリネ〜ブロックベーコン添え〜

大根、蓮根など、旬の野菜を焼いて、ドレッシングに漬け込むだけの簡単サラダです。

スクリーンショット 2017-11-13 15.03.58

材料

だいこん 1/3本、れんこん 1/2本、ベーコン(ブロック) 60g、サラダ油 適量
☆フレンチオニオンドレッシング 150g
だいこん(葉) 少々、パルメザンチーズ 少々、黒こしょう 少々

作り方

(1)だいこんを1.5cmの厚さの半月切りに、れんこんは1cmの厚さの輪切りに、ベーコンは1cm幅に切る。 (2)フライパンにサラダ油をひき、(1)を焼き、両面に焼き色がついたところで、フレンチオニオンドレッシングで和え、冷蔵庫で冷やす。 (3)だいこんの葉はゆでた後みじん切りにする。4…お皿に冷えた(2)を盛りつけ、(3)、パルメザンチーズ、黒こしょうをかける。

☆フレンチオニオンドレッシング
すりおろしたたまねぎ、大さじ1をフレンチドレッシングに加えて混ぜ合わせる。

旬の野菜をたくさん食べられて華やかな「おつまみサラダ」は、普段の食卓にも、ホームパーティーにもぴったり。ぜひ試してみては。(LAR編集部)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-13 15.00.04

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事