LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

お座敷、オフィスはNG!?ブーツ着用を避けたいシーン3つ

横田真由子

IMG_0067

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ブーツを楽しむ季節がやってきました。ブーツは秋冬のファッションに欠かせない存在ですが、履くのを避けたほうがいいシーンもあります。

お座敷、オフィスはNG!?ブーツ着用を避けたいシーン3つ

マナーを知らないと、せっかくのお洒落も台無しになります。ブーツのマナーを知った上で、TPOに合ったお洒落を楽しみましょう。

(1)ビジネスシーン

寒くなる季節、ブーツで通勤するのはOKですが、オフィスではパンプスに履き替えましょう

元々ブーツは防寒用の靴ですので、シンプルなものであっても、ビジネスシーンには不向きです。

(2)高級レストランや座敷で会食の場合

ブーツは、フォーマルから遠いアイテムです。ドレスコードがあるレストランでは、ランチであっても、できれば避けたいものです。

また座敷などで、靴を脱ぐことが想定されている場合も避けましょう。着脱に時間がかかり、一緒にいる方を待たせることになるからです。

(3)ご自宅への訪問時

この場合も、着脱に時間がかかることが理由に挙げられます。加えて、脱ぎ履きするときにバランスを崩して転びやすくなるのも問題です。よろけたり、片手をついたりと、訪問先の相手に気を遣わせることになります。

また、脱いだ後のブーツは玄関で場所を取ることになります。下座の隅にサッと置けるような靴を選びましょう

脱ぎ履きする場では、ブーツに匂いがこもりやすいことにも注意が必要です。履かないときはブーツ用の消臭剤を入れて保管し、3日履いたら陰干しするとよいでしょう

いかがでしたか? この秋冬は、マナーを守って真のブーツ美人を目指しましょう!

(ミニマムリッチ®コンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

【関連記事】
運と良縁を引き寄せる!愛される女性の「持ち物の特徴」3つ
“厚手の安い黒色”はNG!?差がつく「タイツの選び方」
秋冬の印象はコートで決まる!プロが教えるコートの選び方
“重め黒髪”で金運アップ!?愛される「見た目の法則」3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-10 11.26.41

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事