LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

トレンドのつもりが老け顔に!?「時代遅れNGメイク」3つ

古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

流行の先端を追ってメイクしたつもりが、なぜか老け顔に。そんな経験はありませんか? トレンドは巡り巡るもの。昔流行したメイクが流行っていると、つい昔の名残りでメイクをしてしまいがちですが、そこには落とし穴があります。

トレンドのつもりが老け顔に!?「時代遅れNGメイク」3つ

そこで今回は「気をつけたい時代遅れNGメイク」をご紹介します。

(1)アクが強すぎ!ヤンキー臭が漂う紫系リップ

今年の秋リップはバーガンディーやぶどう色など、紫みの強いカラーが人気。つけこなすのが難しいカラーであると同時に、昭和感漂うヤンキー風味な色でもあります。

インパクトの強い紫系リップは、唇全体に使うよりポイント使いがおすすめです。ベージュリップを全体に塗り、紫系リップは中央にのせてぼかしてみてください。簡単にグラデーションリップにできるので、トレンド顔に早変わり。紫がほのかに色気を漂わせ、アンニュイな雰囲気が生まれます。

(2)濃すぎ!バブルを彷彿させる太眉メイク

昨年にぎわった太眉ブーム。今年はアーチ眉が注目されており、やや細めにする人が増えつつありますが、依然として太めの眉は人気が続いています。

しかし、なかには眉の主張が強すぎる人も。その原因は、眉頭に潜んでいることが多いようです。眉頭をしっかり書くと、バブル期を彷彿とさせる古臭い印象に。

眉頭はパウダーでさっとぼかす程度に塗るか、眉マスカラで明るくして軽めに仕上げましょう。全体的にナチュラルな毛流れを意識すると、あかぬけた雰囲気になりますよ。

(3)パサパサすぎ!枯れ肌に見えるマットファンデーション

昨今のメイクはバブル期と類似点が多く、マット系のベースメイクも流行しています。ですが、大人世代にとってツヤは若々しさの象徴。陶器肌のようなマット仕上げにしたつもりが、ただのパサついた肌に見える方も多いかもしれません。

パウダリーファンデーションは粉っぽく仕上がりやすいので、秋冬はリキッドやクリーム、クッションタイプへの切り替えをおすすめします。クッションタイプなら秋冬はフェイスパウダーなしで済ませても崩れにくいので、ツヤをたっぷりと出せますよ。鼻筋や頬に立体感を与えるなら、クリームタイプのハイライトを。内側から輝くようなしっとりとしたツヤを与えられます。

メイクはトレンドだけを追うと失敗してしまいがち。自分の肌やイメージに合わせて取り入れることが大切です。例えば、紫系リップのような難しそうなアイテムは、カウンターで使い方を相談すると自分に合ったメイクを教えてもらえますよ。

上手にトレンドを取り入れて、おしゃれな大人メイクを楽しんでくださいね。

(コスメコンシェルジュ・古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
“眉消え”の原因は2つの油!?「落ちにくい眉」の描き方
「疲れてる?」と言わせない!笑顔に見せる、リップメイク術

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-10-30 11.01.55

Related Article関連記事

ピックアップ

冬の“肌老化の落とし穴”に注意!美容家実践の若見え「美肌力アップ術」

寒さを身に沁みて感じるようになってから、気になる肌悩みが増えてきたという人が多いのではないでしょうか。冬は肌の乾燥や冷えなどの影響で、エイジングサインが加速しやすい季節。 そこで今回は、冬に気をつけた …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事