LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

朝、布団の中で出来る!目覚めの「身体ぽかぽかヨガ」4つ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

朝、目は覚めたけど、出来れば時間の許す限りお布団でゴロゴロしていたい。寒い部屋で朝の体操やヨガなんて出来る気がしない……。そんな方に、お布団の中で身体を温めつつ出来るヨガをご紹介します。

朝、布団の中で出来る!目覚めの「身体ぽかぽかヨガ」4つ

お布団から出る前に、朝から身体と頭のパフォーマンスを上げましょう。

■目覚めてすぐのヨガでアクティブスイッチオン

これからご紹介するポーズは全て、お布団を身体の上からかけた状態で行えます。眠っていた身体は案外冷えているものですが、お布団の中でじんわり汗ばむくらい身体を温めることによって、冷えから起こる筋膜炎(寝起きに寝違える、などの症状)の予防にも効果的です。

やり方

まず、しっかり伸びをして血流を良くしましょう。縦に伸びることによって、身体全体のストレッチになります

(1)まず、しっかり伸びをして血流を良くしましょう。縦に伸びることによって、身体全体のストレッチになります。

先ほど伸ばした身体を、次は丸めていきます(チャイルドポーズ)。膝を曲げ、腕で抱えて身体に引き寄せましょう。その膝頭に鼻先を近づけていきます。そのまま5呼吸ほどステイします

(2)先ほど伸ばした身体を、次は丸めていきます(チャイルドポーズ)。膝を曲げ、腕で抱えて身体に引き寄せましょう。その膝頭に鼻先を近づけていきます。そのまま5呼吸ほどステイします。
この時、首を縮こめないようにしましょう。耳から肩の距離をなるべく長く保ちます。

次にマツヤーサナのポーズをします。仰向けに寝て、両足を揃えます。両手をお尻の下へしまいます。手のひらは下向きにしましょう。肘で床を押し、上半身を床から持ち上げます。頭頂を床に下ろし、胸の広がりと喉の伸びを感じましょう。(首に無理を感じたらポーズを中止してください。)

(3)次にマツヤーサナのポーズをします。仰向けに寝て、両足を揃えます。両手をお尻の下へしまいます。手のひらは下向きにしましょう。
肘で床を押し、上半身を床から持ち上げます。頭頂を床に下ろし、胸の広がりと喉の伸びを感じましょう(首に無理を感じたらポーズを中止してください)。
このまま深く5呼吸ほどキープ。このポーズは胸をしっかり開くことで気持ちが前向きになるので、一日のスタートにぴったりなポーズです。

(4)次は、うつ伏せになります。まず膝をついた状態で肩の真下に肘をつき、手のひらは下へ。
つま先立ちになって、身体を一枚の板のようにしてまっすぐキープ。深い呼吸で5呼吸キープしましょう。
キツければ膝をつきつつ、何度かトライしましょう。体幹が鍛えられ、身体の底から力が湧き出てくるようなポーズです。

この一連の動きで、身体の芯からポカポカしてくるはずです。暑くてお布団から飛び出したくなるかもしれませんね。アクティブな冬の日々を過ごしましょう。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか

漫画家/イラストレーターを経てヨガインストラクターに転身。高津文子式フェイシャルヨガインストラクター。二児の母。子連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-01 19.19.37

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事