LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

唐辛子を加えても◎!変わり「レモネード」アレンジ3つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

秋も深まり風も冷たくなってきたと感じるこの時期、そろそろ乾燥に気を付けなければいけない時期でもあります。肌はもちろん、喉も乾きがちに。

唐辛子を加えても◎!変わり「レモネード」アレンジ3つ

そんなときに秋らしく爽やかに喉を潤せるのが、レモネードです。ほのかな酸味が口の中をスッキリさせ、喉越しもいい。海外ではダイエットに用いられることもあるそう。

今回は、簡単なアレンジでさらに楽しめる「レモネードの美味しい飲み方」をご紹介します。

■レモネードとは

レモネードとは「レモン」と「エード」という言葉を組み合わせたもの。

エードというのは、果汁を水などで薄めて作った飲みもののことです。レモネードは、レモン果汁を薄めてシロップやハチミツを加えた飲みもの

世界各地で飲まれていますが、炭酸飲料だったりスライスレモンを入れたりと、地域によって少々異なります。

■ダイエットやアンチエイジングにも!?

レモネードは、海外セレブがダイエットにも用いたことでも話題になりました。方法は、短期間の断食を行い、その間レモネードのみを摂取するというもの。

体重が落ち、デトックス効果により肌も綺麗に。ビタミンによるアンチエイジング効果も期待できるとのことです。

■アレンジでより美味しく

(1)唐辛子でピリッと

レモネードに唐辛子を入れてみてください。ピリッとした刺激が加わって、ちょっと大人の味になります。ホットレモネードに入れれば、さらに身体が温まります。

また、唐辛子に含まれるカプサイシンの効果で脂肪の燃焼も促されます

(2)炭酸でスカッと

レモン果汁を水で薄めるのではなく、炭酸水を使ってレモンスカッシュに。喉越しも良く、飲むとスカッと爽快な気分になります

イギリスなどではレモネードというとこちらが定番になります。

(3)色を変えてスッキリと

レモネードに、ピンクグレープフルーツの果汁やドライラベンダーを加えて色を変えてみましょう。

ピンクレモネードは、見た目も鮮やか。香りも加わって良い気分転換になり、リフレッシュできる飲みものになります

いかがでしたか? ほかにも、ホットレモネードにすった生姜を入れると、身体の温まる飲みものになります。レモネードは一年を通して楽しめる飲みものなので、是非活用してみてください。

(料理研究家 オガワチエコ
雑誌やテレビ、書籍等で活躍中。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』、『おにぎらずの本』(泰文堂)、『スティックオープンサンドの本』(講談社))

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-09 17.27.30

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事