LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

おでこのシワ予防に◎眼輪筋を刺激して目元ぱっちりの顔ヨガ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

以前、自分のおでこに横ジワを発見したとき、筆者はかなり衝撃を受けました。おでこに横ジワを刻む要因としては、いくつかのクセが考えられます。筆者の体験をもとに、元になるクセと、それを踏まえた予防法をご紹介します。

おでこのシワ予防に◎眼輪筋を刺激して目元ぱっちりの顔ヨガ

■おでこに横ジワが刻まれる理由2つ

現在の筆者は、顔ヨガで顔を鍛え上げインストラクターとして活動していますが、顔ヨガに出会う前の状態は以下の通りでした。

(1)眉を上げる表情グセがある

上の方を見る時や目をしっかり開く時に眉を上げていた為、おでこにぎゅっとシワが寄っていました。

(2)眼輪筋(がんりんきん)が衰えて、まぶたが下がってきている

これは無自覚でしたが、当時は子どもの世話やスマホで1日の大半が斜め下を見ている状態。目の周りの筋肉が衰えた結果、目周りが重たい印象で、目の開きが小さくなっていました。

上記に挙げた2つの理由で、自らおでこにシワを刻んでいたのでした。以上を踏まえて、おでこのシワの予防法をご紹介いたします。

■おでこのシワ予防法とスパルタトレーニング

ポイントは以下の2つです。

・額、眉を使う表情グセに注意する
・目の周りの筋肉を鍛える

顔ヨガで眼輪筋を鍛えることが、予防と改善につながります。

(1)ウォーミングアップ/熊手の手で頭皮マッサージ

顔と頭皮は繋がっています。今回は、手を熊手のようにして頭皮からマッサージをします

(1)顔と頭皮は繋がっています。今回は、手を熊手のようにして頭皮からマッサージをします。

こめかみから側頭部、頭頂に向けて引き上げます。指でしっかりほぐすイメージでマッサージ

(2)こめかみから側頭部、頭頂に向けて引き上げます。指でしっかりほぐすイメージでマッサージ。

(2)おでこのシワ防止!眼輪筋スパルタトレーニング

シャッターをおろすように両手の4本指でシワを伸ばし、眉上(皺眉筋の上)でキープ

シャッターをおろすように両手の4本指でシワを伸ばし、眉上(皺眉筋の上)でキープ。
この手のポーズのまま、眼輪筋エクサをしていきます。おでこにシワが入らないようにロック。

以下、写真は目元をわかりやすくする為、指無しになっています。

目をかたく閉じ、ぎゅーっと5秒間まぶたで眼球を押します

(1)目をかたく閉じ、ぎゅーっと5秒間まぶたで眼球を押します。

目を開け、ゆっくりと大きく開いていきます。視線をやや上へ

(2)目を開け、ゆっくりと大きく開いていきます。視線をやや上へ。

時計回りに黒目を移動させていきます。1時、2時、3時と方向をしっかり意識しながら行うと◎12時まできたら、今度は反対回りで行います

(3)そこから、時計回りに黒目を移動させていきます。1時、2時、3時と方向をしっかり意識しながら行うと◎です。12時まできたら、今度は反対回りで行います。

12時まで戻ったら、下まぶたに力を入れて上に引き上げます。これは難しいので、できない方は薄目にしましょう

(4)12時まで戻ったら、下まぶたに力を入れて上に引き上げます。これは難しいので、できない方は薄目にしましょう。

シワだけでなくスマホ疲れやドライアイ、眼精疲労にも良い影響があります。魅力的な瞳と、つるんとした卵のようなおでこを目指しましょう。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか

漫画家/イラストレーターを経てヨガインストラクターに転身。高津文子式フェイシャルヨガインストラクター。二児の母。子連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-10-26 16.30.14

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事