LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

普段のメイクがパーティー仕様に!「大人のちょいワザ」2つ

NANA

NANA1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

さぁ! パーティーシーズンの到来です。これからの季節はいろいろなイベントがたくさん! 色々な人と出会う機会も増えるはずです。せっかくドレスアップしているのにメイクはそのままという方も多いのでは? 気合いを入れすぎたばっちりメイクもカッコ悪い…。今回はいつもの自分メイクにちょこっと技をプラスして、背伸びしすぎないパーティーメイクをご紹介します。

shutterstock_173362445

■下まぶたのキワにパールのアイシャドウを

パーティーメイクというとキラキラさせがちですが、キラキラは一か所で十分。お勧めなのは、下まぶたのキワに入れること。色はパールが入っている薄い色でしたら、何でもOKです。マットなホワイトは一昔前のギャルになってしまうのでNG。ここにパールを入れると華やかさがでると同時に、顔のくすみも取れるので、おすすめです。

 

■リップにパウダーを足してハーフマットに

口紅+グロスでうるうるさせるリップもかわいいですが、今年っぽくするにはマットなリップ! ですがマットな口紅は初めての方にはかなり敷居の高いアイテムだと思います。そこで、お勧めなのはお顔に塗る「ルースパウダー」を使う方法。口紅を塗った後、指でルースパウダーをポンポンとのせます。するとハーフマットな質感に! ルースパウダーはナチュラルな色であればなんでもOK。この時、リップはちょっと「強めな色」をセレクトするとよりオシャレ感が出て、今年っぽいリップメイクができますよ。

いかがでしたか? パーティーメイクはお洋服が華やかになる分、メイクも華やかにしないとバランスがとれません。ですが気合いを入れすぎると、やっぱりカッコ悪いですよね。ちょっとしたことでお顔の印象はガラっと変えることができるので、是非試してみてくださいね!
(Hair&Make NANA)

【関連記事】
「ニコッと笑っちゃ」ダメ!?プロ直伝、30代流チークの入れ方・選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

shutterstock_173362445

Related Article関連記事

最新の記事