LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「顔ヨガは、若見え効果があるとわかっていてもなかなか続かない」という方に、顔ヨガインストラクターの筆者が提唱したいのが「コソ顔ヨガ」です。

マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ

日常生活を行いつつ、どこでもこっそり顔ヨガをしてしまおうというもの。電車の中でも歩きながらでも出来ますよ。

■バレない!コソ顔ヨガの必需品「マスク」

大きいマスクでお顔を隠してしまいましょう。これからの肌寒い時期は、誰もがマスクをしていても不自然ではありません。

まずは、大きいマスクでお顔を隠してしまいましょう。これからの肌寒い時期は、どんな方でもマスクをしていて不自然ではありません。

バスや電車での移動中、買い物中やオフィスで、こどもの公園遊びに付き合いながらなど、いつでも隙をみて顔を動かすことが出来ます

■マスクの下で出来る顔ヨガポーズ

わかりやすく説明するため、マスクなしのポーズ写真です。もちろん、人目が気にならないところやご自宅でのトレーニングでは、マスクなしで思いきり行ってくださいね。

(1)唇まわしでお顔のストレッチ

マスクの下で唇を尖らせ、唇を閉じたままゆっくり大きく回しましょう

口輪筋を鍛え、顔全体をストレッチさせて血流の促進に効果的です

マスクの下で唇を尖らせ、唇を閉じたまま右回し5回、左回し5回ほどゆっくり大きく回しましょう。この時、唇が緩んで開いてしまわないように注意。口輪筋を鍛え、顔全体をストレッチさせて血流の促進に効果的です。

(2)「チューください」→「びっくりスマイル」で口輪筋×口角上げ×目元エクササイズ

以下の2つのポーズを繰り返しましょう。

顎をやや斜め上にし、目をふんわりと閉じます。唇を突き出し、先が広がるように「チュー」のお口にします。力を入れるのは唇周りのみです。鼻呼吸をしながら10秒ほどキープしましょう

(1)顎をやや斜め上に上げ、目をふんわりと閉じます。唇を突き出し、先が広がるように「チュー」のお口にします。力を入れるのは唇周りのみです。鼻呼吸をしながら10秒ほどキープしましょう。

上の前歯が綺麗にみえるように口角をこめかみに向かって引き上げ、頬を筋肉でグッと持ち上げます。目をしっかりと開き、 目線はやや上に。鼻呼吸をしながら10秒ほどキープしましょう

(2)上の前歯が綺麗にみえるように口角をこめかみに向かって引き上げ、頬を筋肉でグッと持ち上げます。目をしっかりと開き、 目線はやや上に。鼻呼吸をしながら10秒ほどキープしましょう。

(3)ほうれい線プレス

唇を閉じ、舌を思い切り伸ばしてほうれい線を内側からなぞるようにプッシュします。右と左を繰り返します

唇を閉じ、舌を思い切り伸ばしてほうれい線を内側からなぞるようにプッシュします。右と左を繰り返します。

このエクササイズはかなり疲れますが、筋肉をしっかり使っているという実感をもって行ってください。

■効果が高いと評判の顔ヨガ 理想は毎日5分!

筋繊維は何歳からでも鍛えることができますし、顔筋はそれぞれが小さく鍛えやすいもの。なので顔ヨガは、一度のレッスンで劇的に効果が出る方も沢山いらっしゃいます。

ただし顔筋はすぐに衰えるので、週に一度のエクササイズではなかなか効果を維持出来ません。理想的なのは、毎日5分を積み重ねることです。

とはいえ、日々忙しいLAR世代としてはその5分をわざわざ顔ヨガのために取るのが難しいですね。筆者の生徒さん達から一番よく聞くお悩みは、「毎日続けるのが難しい」「自分の時間が無くてサボっています」というものです。

マスクの下で手軽に出来る今回のポーズならいつでもどこでも出来ますね!

今回お伝えしたポーズを全部行っていただくことによって、小顔に見える、顔色が華やぐ、目がパッチリする、ほうれい線がうすくなる、唇の弾力がアップする、などの効果が期待できます。ぜひお試しください。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか

漫画家/イラストレーターを経てヨガインストラクターに転身。高津文子式フェイシャルヨガインストラクター。二児の母。子連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-11-10 20.39.01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事