LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

抗老化には“蒸す”が◎!プロ伝授の「サツマイモの食べ方」

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

10月13日はサツマイモの日だそうです。サツマイモの美味しい季節になりましたね。蒸かしても焼いても美味しいサツマイモ。糖質の多いイメージがありますが、食物繊維も豊富なため、糖の吸収が穏やかなイモ類です。

抗老化には“蒸す”が◎!プロ伝授の「サツマイモの食べ方」

さらに、アンチエイジングに欠かせないビタミンCポリフェノールも含まれた優れもの! アンチエイジングに役立つサツマイモの食べ方と、選び方をご紹介します。

■サツマイモがアンチエイジング食材な理由3つ

(1)ビタミンCがリンゴの5倍

加熱に弱く、フレッシュな野菜や果物に多く含まれると思われがちなビタミンCですが、サツマイモのビタミンC含有量はリンゴの5倍

しかもサツマイモのビタミンCは、デンプンに包まれているため加熱に強く、調理しても壊れにくいのが特徴です。焼いても蒸かしても、ビタミンCの含有量は生の状態とさほど変わらないのだそうです。

(2)食物繊維が豊富

サツマイモは、食物繊維が豊富なことでも有名ですね。サツマイモに含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維が多いため、腸内で水分を含んで数十倍にふくらみ、便のカサを増してスムーズな排出をうながします。

ですから、小食で便秘がちな方におすすめの食材です。ただしお腹にガスが溜まりやすく、お腹がハリやすい方は食べ過ぎに注意しましょう。

(3)抗酸化がトップクラス

サツマイモは他のイモ類と比べ、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンEなどの含有量が高く、抗酸化力がトップクラスのアンチエイジングなイモ類です。

■アンチエイジングのためのサツマイモの選び方・食べ方

「紫芋」を選べば抗酸化力アップ

抗酸化力の強いサツマイモですが、さらにアンチエイジングに力を入れたいなら紫芋を選びましょう。他のサツマイモの約10倍の抗酸化力があるとわかっています。

「蒸して」食べればβ-カロテンも減らない

ビタミンCの含有量は、焼いても蒸してもさほど変わりませんが、β-カロテンは焼くことで減ってしまいます。サツマイモは蒸かすが正解!

寒さが増すごとに甘味が増して美味しくなるサツマイモ。毎日の食生活に取り入れて、「食べてキレイ」を実践したいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
成分情報 さつまいも – わかさ生活
サツマイモの栄養機能成分と焼き芋の美味しい焼き方理論 – 日本いも類研究会
有色サツマイモのDPPHラジカル消去能とORAC(活性酸素吸収能) – 日本食品科学工学会誌

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-10-10 12.38.50

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事