LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ダイエット中も白米を食べたい!時のお米を使ったレシピ3つ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

糖質制限ダイエットは、今や誰もが知るところとなったメソッド。その効果の確かさもあって、挑戦中という方も多いですね。ですが、白米が大好き! という方にとっては、かなり苦戦を強いられるようです。

ダイエット中も白米を食べたい!時のお米を使ったレシピ3つ

そこで、ご提案したいのが「白米をほんの少し、美味しくとり入れる」という方法です。

■白米を完全に断ってはNG!ギブアップしやすい

そもそも日本食になじんだ人にとって、白米はソウルフード。パンやパスタは我慢できても、お米だけは無理というのは、致し方ないことです。

ですから、せめて1日1回は「少量」を口にしたいもの。そうでなければ長続きしませんから、結果を出すこともむずかしくなります。

■「お茶碗」で食べなければ少量でも満足が得られる

お米好きな方はどうしても、ある程度の分量を食べないと、お米への欲望が満たされないようです。

では、発想の転換をしてみませんか。白米を「お茶碗」で主食として食べるのではなく、サラダなどの料理の材料として使うのです。すると、料理にもボリュームが出ますし、お米の味も引き立つため、少量でも満足感が得られやすくなります。

■サラダ・ソース・デザートに!お米をアクセントにしたレシピ3つ

どれもお米が美味しいアクセントになるレシピです。どうぞお試しください。

(1)ひよこ豆と香味野菜のライスサラダ

休日のブランチに最適。糖質の少なめな、辛口の白ワインとも相性抜群です。

材料(2人分)

・ご飯 100g
・ひよこ豆(缶詰) 100g
・セロリ 1株
・大葉 5枚
・生姜 ひとかけ
・玉ねぎ 1/4個
・しらす 50g
・ミニトマト 4個
・白ごま 小さじ1
・フレンチドレッシング 大さじ2

作り方

(1)ご飯は水洗いして粘りを取り、水を切っておきます。
(2)セロリは角切りに、大葉はせん切りに、生姜、玉ねぎはみじん切りに、ミニトマトは半分に、それぞれ切りそろえておきます。
(3)器にすべての材料を入れたら、フレンチドレッシングでよく和えて完成です。

(2)ゆず胡椒風味のライスソース

お肉のソテーや、豆腐ステーキにかけると絶品です!

材料

・ご飯 50g
・かつおだし 大さじ1
・ゆず胡椒 小さじ2
・オリーブオイル 小さじ2
・長ネギ 10cm

作り方

(1)耐熱容器にかつおだしとご飯を入れ、電子レンジで1分加熱します。
(2)(1)にゆず胡椒、オリーブオイル、みじん切りにした長ネギを加えて、よく混ぜれば完成です。

(3)ココア風味のライスプディング

甘みは、カロリーゼロで血糖値の上がらない、エリスリトールでつけます。

材料(2人分)

・生クリーム 100cc
・牛乳 100cc
・ご飯 150g
・エリスリトール 大さじ2
・ココアパウダー 適宜

作り方

(1)生クリーム、牛乳、ご飯を鍋で沸騰寸前まで温めます。
(2)(1)にエリスリトールを混ぜます。
(3)(2)をミキサーにかけます。ご飯が半分くらいの大きさになるまで、40秒から1分ほどかけます。
(4)(3)をタッパーに移して冷やし固め、ココアパウダーを振って供します。

大好きなものをあきらめるのはつらいこと。ちょっとした工夫で、楽しく、新鮮な気分でダイエットを続けてくださいね。
(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
エリスリトール – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-09-28 17.41.14

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事