LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

「冷え対策」が重要!「漢方妊活」って?取り入れる方法3つ

余慶 尚美

余慶尚美fNew2015

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

最近、注目の漢方、実は「妊活」でも注目されているようです。「漢方妊活」はもっぱら「冷え対策」、特に骨盤内の子宮や卵巣の冷えに注目します。漢方では、血流が滞っている状態(「瘀血(おけつ)」と呼ばれます)や、カラダに必要な血が充分でなく、滋養・滋潤作用が低下した状態(「血虚(けっきょ)」と呼ばれます)を「冷え」と考えます。これらを改善し、子宮や卵巣に充分に酸素や栄養が行き届く環境を作り、妊娠しやすい体調を整えていこうという考え方です。

shutterstock_115408207

「養生」の方法3つ

その1 漢方薬

代表的な漢方薬を紹介しています。治療の際は専門医にお尋ねください。
■冷えのぼせ、肩こりなどの瘀血症状…「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」
■月経不順など婦人科系統の機能が悪く、冷えがある、貧血を伴うことも多い…「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」
■不妊症に用いる生薬…当帰(とうき)、熟地黄(じゅくじおう・補血の役割)、川芎(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく・血行促進の役割)、丁子(ちょうじ)、桂皮(けいひ・温補の役割)、山薬(さんやく・滋養)

その2 薬膳

漢方理論をベースとする「薬膳」を積極的に生活に取り入れるのもおススメ。難しく思われがちですが、実はスーパーで購入できる食材でも簡単に作れます。

■ 積極的に摂りたい!おススメ食材
羊肉、鶏肉、プルーン、ヨモギ、すっぽん、サフラン、ごま
強精作用がある食材は、山芋(生薬名は山薬です)、にら、にんにく、海老、くるみ、丁子(クローブ)など。

■ 血の滞り「瘀血(おけつ)」を助長する、過剰摂取を避けたい食材
・甘味…砂糖類、チョコレート、ケーキ、ココア、まんじゅう、アイスなど
・辛味…唐辛子、キムチ、明太子、カレー、辛子、わさびなど
・モチ米…赤飯、おこわ、かき餅など
・甲殻類…海老、カニ、タラコなど
・魚卵類…いくら、数の子、タラコなど
・山菜類…筍、タラの芽など
・乳脂肪類…チーズ、生クリーム、バターなど
・その他…ナッツ類、アルコール類、肉類の過食など

 

その3 ライフスタイル

・大股歩きで下半身の血行アップ
座ってばかりの生活では子宮のある下半身の血流がイマイチ。両脚を大きく動かす大股歩きは、下半身の血流アップに効果的。外出時は意識的に歩いてみてください。

・「冷やさない」を習慣づけて
湯船に浸かる習慣をつけましょう。みかんの皮を乾燥させた生薬「陳皮」や干した生姜を、ティーパックなど利用して入浴剤として使えば、カラダの芯から温まります。また腰周り・足もとの防寒をしっかり行い、カラダを冷やさない服装を心がけましょう。生理中はもっとも冷えやすい時期なので要注意です。

ハリやお灸など「気血」の巡りを調え、内臓の変調を調えるツボを刺激することもおススメです。皆さんのニーズにあった「漢方妊活」を実践してみてくださいね。
(美巡セラピスト/国際薬膳師・漢方養生指導士 余慶尚子)

【関連記事】
こんなに簡単!?お家で作れる漢方「みかんの皮」で心も体もポカポカ

【参考】
※根本幸夫監修(2012)「漢方薬膳学 横浜薬科大学編」(万来舎)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

shutterstock_115408207

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事