LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ふくらはぎのラインが決め手!ブーツが似合う「美脚エクサ」

長坂靖子

Img0973

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「ショートブーツ」といっても形はざまざま。足首が隠れるもの、くるぶしが見えるものなどバリエーションに富んでいます。ですが、どのショートブーツでも、必ず見えるのが「ふくらはぎ」。ふくらはぎの形で、脚からブーツまでの美しいラインが決まるといえます。

ふくらはぎのラインが決め手!ブーツが似合う「美脚エクサ」

ふくらはぎは最も骨に近い部分にある「ひらめ筋」、その上にある「ひふく筋」から作られます。とくにラインを作るのは、上層に位置する「ひふく筋」。ふくらはぎの盛り上がりが高い位置にあると、足首が細くメリハリのあるラインに見えます。

今回は、ショートブーツが似合う脚になるために「ふくらはぎを整えるエクササイズ」をご紹介します。

■ショートブーツが似合う美脚の条件

次のような条件がそろっていれば、ふくらはぎの均整がとれ、ひざ下ラインがショートブーツに似合う脚といえます。

□ふくらはぎの盛り上がりの位置が高い
□足首が細い
□正面から見たとき、ふくらはぎの内側の一点がついている
□O脚X脚でない

このラインを出すには、ふくらはぎの筋トレだけではなく、柔軟性も必要となってきます。柔軟性のあるふくらはぎは、老廃物を排出しやすいだけではなく、全身の巡りをよくする働きもあります。

ふくらはぎの筋トレと柔軟性を組み合わせたエクササイズで、ショートブーツの似合う脚を目指しましょう

■ショートブーツが似合う美脚を目指すエクササイズ

(1)壁を利用したふくらはぎのストレッチ

壁の前に立ち、大きく一歩踏み出して壁に両手をつきます

(1)壁の前に立ち、大きく一歩踏み出して壁に両手をつきます。

前の脚を曲げ、後ろ足はかかとをつけ、背中からかかとまで一直線に。

(2)前の脚を曲げ、後ろ足はかかとをつけ、背中からかかとまで一直線に。
この時、後ろ脚のふくらはぎが伸びていることを感じながら、30秒キープ。アキレス腱から膝裏までのストレッチです。反対側も同様に行います。

ポイントは、膝をしっかり伸ばし、かかとをつけることです。

(2)片足立ちカーフレイズ(ふくらはぎを鍛えるエクササイズ)

両脚で行うカーフレイズよりも「ひふく筋」に負荷がかかるため、より効果的です。

片足立ちで壁に手をつきます。

(1)片足立ちで壁に手をつきます。

軸のかかとを上げて、ゆっくりとつま先立ちになります。

(2)軸のかかとを上げて、ゆっくりとつま先立ちになります。

ゆっくりとかかとを床ギリギリまで下げ、20回行います。

(3)ゆっくりとかかとを床ギリギリまで下げ、20回行います。反対側も同様に行います。

スッキリとしたふくらはぎは、ショートブーツだけでなく、脚にフィットしたパンツやスニーカーでも美しいラインを見せてくれます。スッキリふくらはぎで冬のおしゃれを楽しみましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-10-23 8.54.07

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら