LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ストッキングでオバサン認定?やりがち「サンダル」NG3つ

横田真由子

IMG_0067

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お気に入りのサンダルを履く季節も、残り少なくなってきました。せっかく素敵なサンダルを履いていても、ちょっとしたマナーを知らないと「残念な人」になってしまいます。

サンダルで残りの夏を楽しむ!ついやってしまう3つのNG

足元は、その人を語る雄弁なところ。今回は、ついやってしまう3つのNGをお伝えします。

(1)オフィスでのミュールはNG

クール・ビズの普及に伴って、オフィスでのサンダル姿も一般的になりましたが、ミュールなど歩いたときにカツカツと音の鳴るものは基本的にNG。
音は業務の妨げになりますので、避ける方が賢明です。バックストラップのものなど、音が出ないものを選びましょう

(2)裸足で畳の上は歩かない

日本では飲食店で靴を脱いで座敷に上がる場面や、ご自宅に訪問して玄関先で靴を脱ぐ場面があります。
素足でサンダルを履いているときは、あらかじめ靴下を用意しましょう。サンダルを脱いで、裸足のまま座敷や畳の上をペタペタと歩くことはNGです。

(3)サンダルにストッキングはオバサン!?

大人の女性は、生足に抵抗のある方も多いと思いますが、ストッキングでサンダルを履くと、残念ながらオバサンっぽい印象に見えてしまうことがあります。
素足でサンダルを履く場合は、指の部分だけがオープンになったタイプのストッキングを選びましょう。見えている指の部分だけが浮かないように、肌色に限りなく近いものを選ぶことがポイントです。

いかがでしたか? 目から一番遠い、足元まで目が行き届いていると「できる女性」という印象になりますね。残り少ない夏、サンダル美人を目指しましょう。
(ミニマムリッチ®コンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

【関連記事】
スタイリスト厳選!3coinsのプチプラファッション名品
ユニクロ・GUにも!「着やせスカンツ・スカーチョ」の選び方
30代・40代は着やせスカンツ・スカーチョ!コーデ術まとめ
完全着やせ!30代・40代流「ガウチョ」に合う靴の選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-08-25 9.49.17

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事