LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

抗酸化&美肌にも◎!混ぜるだけの簡単「味噌アレンジ」3つ

生井理恵

ベジ活

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

近年の研究で、アンチエイジングや美白に効果があることが明らかになっている味噌。
でも使い方って味噌汁くらいしか思いつかないなんて人も多いのでは?

味噌を日常的に使える簡単アレンジをご紹介します。

そこで今回は、味噌を日常的に使える簡単アレンジをご紹介します。味噌レパートリーを広げたい人は必見ですよ。

(1)肉+味噌+大葉

味噌レパートリーを増やしたい人におすすめなのが、お肉と味噌と大葉の組み合わせ。
味噌を塗ったお肉の上に大葉をおいて端から巻いて焼けば完成です。
シンプルなレシピながら、味噌のコクと旨味が大葉の爽やかさとよくマッチして極上の1品に。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにしてもいいですね。

(2)お刺身+味噌

お醤油で食べるイメージが強いお刺身ですが、たまには味噌を加えてなめろう風にしてはいかがでしょうか。
醤油・味噌・醤油・スリゴマを各小さじ1ずつ混ぜたものを包丁で叩いたお刺身(80g)に加えてみてください
味噌の風味が活きて、叩いたお刺身を引き立ててくれます。ネギや大葉、ミョウガ、ショウガなどの薬味もお好みで加えるといいですね。一口大に丸めてお皿に盛り付ければかわいい前菜にもなりますよ。

(3)味噌+ゴマ油+砂糖+酢

サラダにかけるドレッシングも、味噌を使った手作りドレッシングにしてはいかがでしょうか。
コクがあるので、ルッコラやベビーリーフなどの葉野菜や、蒸しただけのキノコやレンコンなど根菜類との相性も抜群です。
全部家にあるものでつくれるので、市販品に飽きたらつくってみてはいかがでしょうか?

味噌ドレッシング

材料1〜2人分

・味噌
・ゴマ油
・砂糖
・酢
・スリゴマ
各小さじ1

作り方

全てを混ぜ合わせたら完成。

■おさらいしたい味噌の健康効果

味噌に含まれる「遊離リノール酸」がメラニン合成を抑制する働きがあることが明らかになっています。
また、活性酸素を消去する働きや体内物質の酸化の防止があることからアンチエイジングにも高い効果が期待されています
味噌には血圧上昇を抑制するような性質もあると考えられているので、将来の健康と美容のためにもとりたい食材の1つ。

様々な美容と健康効果が期待される味噌。毎日の食事の中で無理なく取りいれていければいいですね。
(ベジ活アドバイザー・生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
みそ健康レポート2 – タケヤみそ
みそ健康レポート3 – タケヤみそ
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価 – 保健指導リソースガイド

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

味噌を日常的に使える簡単アレンジをご紹介します。

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事