LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

顔をパッと見て、最も老けて見えるのはどこの部分だろう?

老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

そんなことばかり考えている表情筋マニアの筆者が、女性の顔のイラストを描いて検証してみました。顔に数本のシワを描き足すと、一気に老け顔に見えてしまいます。

顔に数本のシワを描き足してみると、一気に老け顔に!

今回は、口元のシワをカバーする顔ヨガシークエンスをご紹介します。

■なかなか消えない「口元のシワ」。対策は?

唇の上の縦ジワは、刻まれてしまうとなかなか消すことが難しいです。
おでこのシワは髪型でカバーすることもできますが、口元はマスクでもしない限り隠せません。

口周りの筋力の衰えで老け見えに。口輪筋を鍛えて!

筋肉が衰えて小さくなることによって、皮膚に縦ジワが入りやすくなります。プルプルの唇をキープするためにも口輪筋を鍛えましょう
口輪筋が落ちると、そこからつながっている筋肉が多いため、顔全体が下がってしまいます。
いつでもどこでもできる顔ヨガシークエンスで、口輪筋をトレーニングして老け見えを防ぎましょう

(1)顔ヨガポーズ・ぐるぐるぱぁっ

口をすぼめて、できる限り ぐるぐる回します。 右に5回、左に5回。

(1)口をすぼめて、できる限りぐるぐる回します。右に5回、左に5回。
(2)ゆっくり「ぱぁっ」と顔を開きます。
※この時、おでこにシワが入らないように注意しましょう。

(2)顔ヨガポーズ・フグの顔

1)口の中全体に空気をためて、内側からほうれい線を伸ばします。この時唇が開いてしまわないように! 2)口の中の空気を片側に寄せ、10秒キープ。 3)次に反対側に空気を移動させてまた10秒。この時点で唇が疲れてしんどくなっていたら◎。唇をしっかり閉めましょう。

(1)口の中全体に空気をためて、内側からほうれい線を伸ばします。この時、唇が開いてしまわないように。
(2)口の中の空気を片側に寄せ、10秒キープ。
(3)次に反対側に空気を移動させてまた10秒。この時点で唇が疲れていたら◎。唇をしっかり閉めましょう。

4)空気を唇よりも上のライン、鼻の下エリアへ。 5)次は唇よりも下へ。かなり辛くなってきますが、空気が漏れないように頑張りましょう。 6)最初のように、全体に空気をためて(空気が減っていたら鼻から吸って足します。)最後の10秒キープ。

(4)空気を唇よりも上のライン、鼻の下エリアへ。
(5)次は唇よりも下へ。かなり辛くなってきますが、空気が漏れないように頑張りましょう。
(6)最初のように、全体に空気をためて(空気が減っていたら鼻から吸って足します。)最後の10秒キープ。

顔ヨガシークエンスのメリットは他にも

・「ぐるぐるぱぁっ
顔の下半身痩せ(顔全体の筋肉をほぐして血流アップする為)
くすみの改善(むくみが取れて小顔に)
・「フグの顔
ほうれい線が薄くなるなどの効果が期待できます。
やってみると、顔が疲れると思いますが、それが効いてる証拠です。
時間が取れないときには、どちらか1ポーズだけでも◎。将来刻まれるシワの対策、今すぐ始めましょう。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか
漫画家/イラストレーターを経てヨガインストラクターに転身。高津文子式フェイシャルヨガインストラクター。二児の母。子連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

【関連記事】
夏の“下半身太りスパイラル”を解消!太もも引き締めエクサ
足の甲がポイント!サンダルが似合う足になるケア&エクサ
“気象病”に振り回されない!自律神経を整える習慣3つ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-09-11 14.46.03

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事