LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

たるみ二の腕、脚を引き締め!通勤中にできる“朝活エクサ”

長坂靖子

Img0973

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

運動が身体に良いことはわかっているけれど、慌ただしい日々の生活の中では、ジムに行きたいけど時間がない。身体を動かそうと思っても、疲れていてできないという方が多いのではないでしょうか。

たるみ二の腕、脚を引き締め!通勤中にできる“朝活エクサ”

そんなモヤモヤした気持ちは、朝の通勤タイムを利用して解消! 朝活しましょう。

■朝の日常動作を「運動」に変えてみませんか?

朝、運動をすることにより交感神経が活性化し、仕事の効率もアップします。
また、巡りがよくなり脂肪燃焼しやすい状態へ身体を導きます。
今回は、朝の通勤時間を利用して、通勤しながら手軽にできる運動をご紹介します。通勤タイムを運動タイムにしましょう。

■日常動作を運動に変える基本は「ウォーキング」

日常動作を「運動」に変えるポイントは3つ。
(1)速度
(2)距離
(3)フォーム
早歩きでひと駅多く、フォームを整えて歩くことです。

階段を使う

平坦な道を歩くよりも、階段のほうが約2倍のエネルギーを使います。階段を見つけたら「エクササイズのチャンス」と思い、積極的に利用しましょう。

■空いた時間でエクササイズ!立っているとき

つま先立ちをして足首を引き締め、メリハリのある脚のラインを作ります。

やり方

つま先で3秒立ちます。ゆっくりおろします。これを10回程度連続で行います。

かかとをつけ、つま先を開いて立ちます。左右のかかとを離さずにつま先で3秒立ちます。ゆっくりおろします。これを10回程度連続で行います。
また、吊革につかまる機会があるときは、つま先立ちで10秒。次に、かかとを床に下ろさずに、スレスレまで床に近づけて再度アップ。これを10回繰り返します。
ふくらはぎの筋肉を鍛えると同時に、足首周辺に溜まった老廃物を排出しやすい状態に導きます。足元がスッキリした状態で一日をスタートできます。

■カバンを持つとき

肘を軽く曲げてアップ!二の腕のたるみ撃退に効果的です。

やり方

親指を正面になるように向けてカバンを持ちます。

(1)親指を正面になるように向けてカバンを持ち、肘を軽く曲げます。この時肘は、身体の横のラインよりも後ろに、親指・肘が同一方向になるようなポジションにします。

二の腕を意識して真後ろに腕をゆっくり引きます。これを20回行います。

(2)二の腕を意識して真後ろに腕をゆっくり引きます。これを20回行います。
背筋を伸ばし、上半身をまっすぐなポジションにキープして行うと、日常では使いにくい二の腕の筋肉を刺激します。

使う場所を意識すると、筋肉に通常とは異なる刺激が与えられ、動作が「運動」に変わります。ちょっとした意識で身体が変わっていきますよ。
(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂 靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
秋太り予防に◎1日5分のお腹引き締め「腹筋強化エクサ」
1日2分!全身運動でダイエットに◎な「クマ歩きエクサ」
-10才若見えの「背面美人」に!美尻&美背中に導くヨガ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-09-19 12.04.40

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事