LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ

尾野真美子

Profile_尾野真美子

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

いよいよ秋突入! 夏太りを冬に持ち越さないために、今からダイエットを始めようとしている人もいるかと思いますが、皆さんは出先やコンビニでランチを買うときに、どんなものを選んでいますか?

おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ

カロリーを気にして、ランチはおにぎりやパンといった主食+スープやサラダ、といった組み合わせをしている人が、結構多いのではないでしょうか。

しかしそこには意外な落とし穴があります。痩せ体質を目指すなら、タンパク質を重視すべきです。あなたのランチは大丈夫ですか?

■おにぎり+スープは痩せにくい!?選び方の意外な落とし穴

主食+スープorサラダといった組み合わせは、カロリーでいえば確かに高くありません。しかしながら、実は意外と痩せにくい罠があります。

(1)塩分が多くなるとむくみの原因に

厚生労働省によると、女性の1日の摂取ナトリウム(食塩相当量)の目安は、7g未満とされています。

ざっくり計算すると、400mgのナトリウムが塩約1gとなります。商品によって違いはあるものの、カップスープやノンオイルドレッシングは、意外と塩分が高いのをご存知でしたか? 組み合わせによっては1食で1日分の塩分を摂取し、むくみの原因となっている場合も!

・カップスープ:ナトリウム800〜900mg
・ノンオイルドレッシング:ナトリウム700〜800mg
・おにぎり:ナトリウム400〜600mg

(2)糖質の割合が増えると小腹が空く原因に

おにぎりやパンといった炭水化物の多くは、糖質でできているため、食後の血糖値が大きく上がったり下がったりしやすいといわれています。血糖値が下がると空腹を感じるので、食後2〜3時間後にお腹が空いてきて、結局またおやつや甘いものなどをつまむことになります。

(3)タンパク質の割合が減ると代謝や美肌にも影響

意外と忘れられがちなのがタンパク質です。実はタンパク質は、代謝にも大きく関わる酵素や、美肌&美髪、ホルモン、免疫細胞など、あらゆるものの原材料となっているのです。

またタンパク質の食事は腹持ちがよく、満腹中枢を刺激する効果も期待できるので、意識してとることが大事です。

■意識すべきはタンパク質!ダイエット中の食事のコツ

砂糖、果物、お米に小麦粉&根菜類など、多くの食事において意識しなくても糖質は摂っていることが多いので、タンパク質を意識して摂るようにすることがポイントです。

お肉や魚、イカ、エビなどの海鮮類、卵、乳製品や豆製品に多く含まれているので、コンビニやスーパーで買うときは、単品のお惣菜などを活用しながら、野菜+タンパク質1+タンパク質2の組み合わせを意識してみるとよいですよ。

・カットサラダ+サラダチキン+ゆで卵
・スティックサラダ+麻婆豆腐(お肉+豆腐)
・野菜メインのお惣菜+焼き魚+卵焼き

いかがでしたか? ぜひこれからの食事の内容を決めるときは、タンパク質を意識して摂り、きれいに痩せ体質を目指していきましょう!

(ホリスティックセルフケアインストラクター・尾野 真美子
心と体がホリスティック(総合的)に美しくあるためのセルフケア方法のセミナー活動を行う。ストレス・冷え対策から10kg減量の経験を活かした生活習慣等、知識の幅は広い。味噌や甘酒等、発酵食品の教室も開催。)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書を取りまとめました 〜生活習慣病の予防を重視。エネルギーに関する指標として、目標とする「体格(BMI)」を新たに提示〜 – 厚生労働省
食事を構成する栄養素 – タニタ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-10-11 11.35.49

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事