LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

チラ見せパーツを美しく!肩こり・足首むくみにも◎「手首ストレッチ」

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

仕事でもプライベートでも、PCを利用している人は多いと思います。特に寒さで外出する気も起きないこの時期は、引きこもり状態でネットサーフィンやゲームに夢中になり、気づけば肩はガチガチ、目はシバシバ。分かりやすい部位は、無意識に揉んだりストレッチをしたり、それなりにケアをしますが、手首はどうですか? 意外と盲点のこのパーツ、しっかりほぐせば嬉しい効果がたくさん! 今回ご紹介するストレッチは、とっても簡単なので今すぐ実践してみて下さいね。

LAR)shutterstock_174441968

 ■上半身のコリや疲れを感じたら、手首をほぐしてみて!

「手は第2の脳」と言われ、脳が緊張すると「手は冷たく硬い状態」に。逆にリラックスした状態は「温かくて柔らかい状態」になります。PCでの長時間の作業等で緊張した状態が続くと、指先が冷たくなっているはず。また「首」と名のつく関節が凝り固まると、首、手首、足首全てに毒が溜まり、「気の流れ」が悪くなると言われています。すると手首や足首は太くなり、せっかくの痩せて見える華奢なパーツが台無しに。

 

 ■「肩こり」にまで効果あり!?

このストレッチでは、手首内側をほぐします。手首の内側は、物を握ったり持ち上げたりする時に使われる筋肉。ほぐす部位は手根屈筋群(しゅこんくっきんぐん)という、手首を返す動きを担います。
腕がほぐれると肩周りもほぐれ、肩こり解消も期待できそう! また「手首」をほぐすと足首がキュッと締まり、首や顔のむくみ解消にも効果大です。とっても簡単な手首ストレッチで”控えめだけど、魅力的なチラ見せパーツ”を磨いてみてはいかがですか?

1.右腕を前に伸ばし、左手で指先を軽く掴みます。

5-2

2.ゆっくりと息を吐きながら、右手のひらを前に押し出し、手首の内側をストレッチします。この時、首は長く伸ばし肩に力が入り過ぎないように注意しましょう。そのまま、10呼吸ほど繰り返したら、反対側も同様に動作しましょう。

5-1

両肩がなるべく浮かないように、両膝をつけた状態を意識しながら、深くお腹周りを絞ってみて下さい。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
解消したい30代からの下半身太りに!全身刺激の簡単エクササイズ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

LAR)shutterstock_174441968

Related Article関連記事

最新の記事