LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

エイジレス美肌の鍵!「ヨクイニン」&「ハトムギ」の食べ方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

東洋医学で古くから美肌のための生薬として知られるのが、ヨクイニンです。ヨクイニンは、ハトムギの外皮を取り除いたもの。スーパーの雑穀コーナーなどで販売されています。

ヨクイニンは美肌を目指すならマストな雑穀です

夏のお肌の炎症や肝斑にも効果があるともいわれており、美肌を目指すならマストな雑穀のようですよ。

■美肌の鍵!?ヨクイニンの働きとは

東洋医学においてヨクイニンは、体内に滞った余分な水分や熱を排出して、むくみやお肌の炎症を抑える働きのある生薬とされています。

夏は、外気温や湿度の高さから身体がむくみやすい季節。さらに、皮脂分泌も多くなりベタベタとしてニキビなどの炎症も起こしやすくなります。ヨクイニンは、そんな夏のむくみや肌荒れ対策になります。

また、肝斑に効果があるとの実験結果もあるそうですから、シミにお悩みの方にもおすすめです。

■ヨクイニンの取り入れ方

(1)ハトムギ茶

ハトムギの外皮を取り除いたものがヨクイニンですから、ハトムギ茶を飲むことでもヨクイニンの効能が期待できます。ただし、水出しではなく、煮出して作ったハトムギ茶を飲みましょう。

(2)雑穀として

ヨクイニンには、白米の約8倍の食物繊維のほか、代謝に関わるビタミンB群やミネラルも含まれています。白米に混ぜて食べれば栄養価が高くなり、美肌だけでなく、総合的な健康効果も期待できます。

大きい粒のままのヨクイニンは、一晩吸水が必要ですが、砕いたタイプなら1〜2時間の吸水で炊くことができます。

また、ハトムギは無味無臭ですから、茹でたハトムギをスープに加えたり、スイーツにも活用できます。

■ハトムギのお汁粉レシピ

温かいまま食べても、冷やして食べても美味しいハトムギのお汁粉です。

<材料>

ハトムギ 1/2カップ
ココナッツミルク 100cc
ハチミツ お好みで

<作り方>

1.たっぷりの水で、ハトムギが柔らかくなるまで煮込みます。
2.1にココナッツミルクを溶き、お好みでハチミツを加えます。煮汁に成分が溶け出していますから、煮汁は捨てずにココナッツミルクを溶きましょう。

美肌のための食材として古い歴史のあるヨクイニン。毎日の食生活に取り入れて、エイジレスな美肌を目指してみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
成分情報 ハトムギ – わかさ生活
殻付ハトムギ熱水抽出物(CRD)の研究開発(PDF) – 日本補完代替医療学会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ヨクイニンは美肌を目指すならマストな雑穀です

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事