LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

冷え&むくみ解消で「スッキリ美脚」に!座ったままエクササイズ

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寒さによる冷えは、むくみやセルライトといった、女性の天敵で「下半身太り」を招きます。寒さの厳しくなる時期、家でぬくぬくしていたいのは誰でも同じ。ちょっとの努力で痩せやすい体にシフトしてみませんか? 「カサカサ冷え女」から「うるうる女」に、さらに下半身太りを解消するエクササイズをご紹介します。

LAR)shutterstock_192995783

 ■冷えによる美容へのダメージとは?

冷えとむくみは切っても切り離せない関係です。「冷え=血行不良=むくみ」の構図はもはや常識ですが、実はこれに「体脂肪の増加」もプラスされます。むくみがそのまま脂肪に変化することはありませんが、むくみを放っておくと脂肪がつきやすい体になる場合はあります。
その負のサイクルとは、「むくみ=血行が悪い=冷える=防衛機能として断熱材の役割を果たす脂肪がつく」というもの。人間には太古から狩猟時代からの基本的防衛本能が備わっています。しかし現代では、運動不足や筋力低下により、冷えが原因となり体脂肪がつきやすい生活サイクルに。断ち切るには、有酸素運動や筋トレなどで基礎代謝を上げることがポイントになります。

 

■全身をくまなく刺激する「レッグエクステンション」

このエクササイズは、背骨から脚をつなぐ「大腰筋」という深層筋を刺激します。ここが弱ると姿勢が崩れ、「骨盤の歪み→基礎代謝低下→冷えやすい→太りやすくなる」という負のメカニズムに陥ります。足を前に蹴り出す動作で、下半身の大きな筋肉も刺激するので、冷え解消はもちろん、膝肉や太ももなどの引き締め効果も抜群! 椅子があれば簡単に出来るので、試してみてくださいね。

1.椅子に浅く腰かけ、おへそを腰に引き寄せ、腰が反らないように姿勢を整えます。両手は脚の付け根あたりに置くと、骨盤が安定し、動作しやすくなります。

2.右足を床から離し、踵を押し出して3秒キープ。この時、腰が反ったり丸まったりしないよう注意しましょう。ゆっくり右足を床につく寸前まで下ろし、同様の動作を15回繰り返しましょう。

2-2

3.反対側も同様に繰り返しましょう。

2-3

ゆっくりとお腹から足を蹴り出すように意識しながら、筋力アップを目指しましょう。
 (株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
ハイヒールが招く落とし穴!?「前モモ肉がっしり」解消ヨガポーズ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

LAR)shutterstock_192995783

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事