LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ちぎって“金魚割り”にも◎「大葉」の絶品!夏レシピ5つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

大葉というと薬味の定番。いまの時期ならそうめんなどに入れると、爽やかで食欲もそそられます。

ちぎって“金魚割り”にも◎「大葉」の絶品!夏レシピ5つ

防腐や殺菌の効果もあるので、夏にはピッタリ。そんな食材を、もっと美味しく有効に利用できたらいいですよね。
そこで今回は、料理研究家の筆者が「大葉を使った夏らしいメニュー」をご紹介します。

(1)大葉でおにぎり

ご飯を海苔で包んでおにぎりを作るところを、代わりに大葉を使ってみましょう。もしくは、大葉を細かく刻んでご飯に混ぜておにぎりを作ってもいいですね。
防腐効果があるので、この時期のお弁当にはピッタリです

(2)乾燥させて使用

大葉を乾燥させるのには、天日干しのほかにもレンジでも可能です。
クッキングシートの上に大葉を重ならないように並べ、レンジにかけます。
乾燥したものは手で揉んで粉々にし、料理に振りかければ爽やかな香りがアクセントとなり食欲もそそられます。

(3)油ものも爽やかに

天ぷらや春巻きなどを作る際の具材として使うと、油っぽさも抑えられて夏でも爽やか。
しつこさもなく、美味しく食べられます。
チーズとの相性がいいので、一緒に加えてもいいですね。

(4)お酒で夜のおともに

焼酎を水で割る際に、大葉と鷹の爪を入れると、金魚割というカクテルになります。これは、グラスのなかに水草と金魚が浮かんでいるように見えるから。
爽やかで夏らしい飲みものです。大葉はちぎって入れると、より香りが立ちます

(5)フルーツとも合う

大葉はそのままでは食べにくいという人も多くいます。フルーツと合わせてスムージーにすれば、抵抗も少なくなるはず
キウイ、バナナ、パイナップルといったフルーツが良く合います。ほうれん草や小松菜などの葉野菜を加えればさらにヘルシーです。

いかがでしたか? 大葉も薬味としてだけ使うのではもったいない。いろいろな料理のアクセントになり、味を爽やかに引き立ててくれます。
防腐や殺菌の効果もあるので、夏には欠かせない食材と言ってもいいのではないでしょうか。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-08-20 19.07.38

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事