LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

具は別添えが◎!?いつものカレーが見違える盛り付け術3つ

生井理恵

ベジ活

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

誰でも簡単につくることができるカレーですが、盛りつけがいまいちおしゃれにならないといった悩みも多く聞きます。確かに、ご飯にカレーをかけただけではあまり写真映えしませんよね。

具は別添えが◎!?いつものカレーが見違える盛り付け術3つ

そこで今回は、カレーをおしゃれに盛りつける簡単なアレンジ方法を3つご紹介します。

(1)ライスの上に揚げたタマネギ+バジル

カレーの白いご飯は、盛りつけると代わり映えしないなと思う方は多いはず。何か一工夫加えておしゃれにしたい! そんな時は、素揚げしたタマネギやバジルをのせてみましょう
ライスにのせるだけであら不思議。普段のカレーがちょっとおしゃれに格上げされるので、おもてなしにもいいですね。
タマネギを素揚げするのが面倒くさい時は、市販のオニオンチップなどを活用しましょう。
ライスに存在感をもたせる時は、できればカレーのルーとライスは別々に盛りつけると、さらに雰囲気がでますよ。

(2)具は別添えで大人っぽく

カレーでは茶色いルーの中に埋もれてしまいがちな野菜。
野菜は定番通りにルーと煮込んでも美味しいですが、大きめにカットして、そのまま焼いたり素揚げにしたりして、別添えにするといつものカレーがぐっとおしゃれになりますよ。
特におすすめなのが、ナス、カボチャ、パプリカ、オクラなどの野菜です。ナスの藍色やカボチャの黄色、パプリカの赤、オクラの緑は、地味になりがちな茶色いルーを華やかに見せてくれます。ぜひお試しくださいね。

(3)いつもの盛りつけを変えてみる

カレーの盛りつけで意外と難しいのが、ご飯とルーの分量のバランスです。バランスよく盛りつけられない。そんな時は、思い切ってご飯の隣にルーがあるという盛りつけを変えてみましょう。
丸い小ぶりのお皿の上に、ルーを円状に敷き詰め、真ん中にお茶碗などで丸く形をつくったライスを盛りつけてみましょう。ライスの上にさらに具材をのせても◎! 既存の固定観念を捨てれば、もっと盛りつけが楽しくなりそうですね。

いつものカレーもポイントに気をつけて盛りつけてみれば、おもてなしとしても使えますよ。
よかったらお試しくださいね。
(ベジ活アドバイザー・生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-08-25 9.32.05

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事