LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

残暑バテに◎!ビタミンB1豊富な「疲労回復メニュー」2つ

生井理恵

ベジ活

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

疲労回復のビタミンとも呼ばれ、糖質代謝に欠かすことのできないビタミンB1は、夏場に不足すると言われています。それもそのはず、夏は素麺や冷やし中華などの麺類やアイスクリーム、清涼飲料水など普段より糖質をとる機会が多いからです。

残暑バテに◎!ビタミンB1豊富な「疲労回復メニュー」2つ

そこで今回は、夏に不足しがちなビタミンであるといわれる、ビタミンB1を多く含む食材を使った残暑バテにおすすめのレシピを2つご紹介します。

■豚肉と夏野菜の和風中華炒め

ビタミンB1を多く含む食材でよくあげられるのが「豚肉」です。
パプリカやナスなどの夏野菜と一緒に炒めれば栄養バランスも◎!
オイスターソースと醤油を同量ずつ混ぜ合わせたタレと絡めれば、あっという間に和風の中華炒めに早変わりします。
今回は、残暑バテということで豚肉を使いましたが、鶏肉を使っても美味しいですよ。季節によって野菜をアレンジしたり、TPOで使い回しできる調味液の配合なので覚えておくといいですね。

材料2人分

・パプリカ 1個
・ピーマン 2個
・ナス 1本
・オクラ 5本
・豚ヒレ肉 150g
・ゴマ油 大さじ1
・ニンニク ひとかけ

A

・醤油、オイスターソース 各大さじ1
・甜菜糖 大さじ2分の1

作り方

1)パプリカ、ピーマンは食べやすい大きさに、ナスは横半分に切った後、4等分に切って水にさらす。オクラは板ずりした後、縦半分に切る。
2)フライパンにゴマ油とニンニクのみじん切りを入れ、弱火で香りがたつまで炒めます。
3)2と1の野菜と豚肉を入れ炒め、Aで調味したら完成。

■枝豆のポタージュ

枝豆にも疲労回復のビタミンと呼ばれるビタミンB1が含まれています。
塩茹でして、余ってしまった枝豆があるときにおすすめなのが「枝豆のポタージュ」。
和食のイメージが強い枝豆ですが、洋風のお料理の付け合わせにもなりますね。

材料2人分

・枝豆(正味) 100g
・タマネギ 4分の1個
・水、牛乳、生クリーム 各100ml
・塩、コショウ 適宜

作り方

1)枝豆は、さやからだす。タマネギは、薄切りにする。
2)鍋に水、枝豆、タマネギを入れ、火が通るまで煮込む。
3)2と牛乳、生クリームをあわせてミキサーで滑らかになるまで攪拌する。塩・コショウで味を整えたら完成。

ぜひ、残暑バテが気になるという時につくってみてはいかがでしょうか。
(ベジ活アドバイザー・生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
ビタミンB1 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-08-22 9.16.49

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事