LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

冷え改善でむくみ・セルライト予防!カンタン「炭酸フットバス」の方法

髙橋弘美

085_2-1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

冷えは万病の元とよく聞きますが、寒さが一段と身にしみる季節、手足をはじめ、カラダ全体が冷えている方も多いのではないでしょうか? 実は、冷えている人ほどむくみ、セルライトも多いという事実をご存知でしたか?

HiromiTakahashifootbath

■なぜ「冷え」に「炭酸」?

冬に手足が冷たいと感じるのは当たり前のことですが、手先や足先が温まりにくく、いつも冷えているような感覚がある場合に“冷え症”といいます。冷え症は、体温調節機能がうまく働いていない状態で、自律神経の乱れ、皮膚感覚の乱れ、血液循環の悪化、筋肉の量が少ない、女性ホルモンの乱れなどから起こります。そこで「血液循環を良くすること」に着目したのが炭酸美容の出番です。炭酸の働きで血液の流れを良くし、冷えを改善させることで新陳代謝もアップ! 巡りが良くなれば、老廃物や水分が溜まって起こるむくみやセルライトも改善できるわけです。

 

■むくみ・セルライトスッキリ!?炭酸フットバスのやり方

カンタンにできる炭酸を使ったフットバスをご紹介します。まず、薬局で売っている「重曹(炭酸水素ナトリウム)」と「クエン酸」を用意します。足湯ができる容器(桶や洗面器など)にお湯を4リットル入れ、重曹を10gを溶かし、クエン酸を8gを投入。するとすぐに炭酸ガスが発泡しはじめます。足を入れ15分から20分、ゆっくりと足浴をします。

足湯

■炭酸フットバスの注意事項

フットバスをする時の注意事項をお伝えします。

  1. 炭酸ガスが抜けないよう、温度は40℃以下を守ること。
  2. 炭酸ガスが抜けないよう、静かに、ゆっくりと足浴すること。
  3. お湯の温度が下がっても、足し湯をしないこと。炭酸の濃度が下がって効果が半減します。

炭酸でフットバスをすると、炭酸の美容効果でかかともツルツルになりますよ。一石二鳥ですね。

いかがでしたか? むくみやセルライトは冷えから起こります。炭酸のシュワシュワとした泡には爽やかな夏のイメージがありますが、実は、寒い冬こそ炭酸美容を取り入れると効果を実感しやすいのです。炭酸の血行促進効果で巡りをよくし、むくみやセルライトから解放されましょう。
(炭酸美容家 髙橋弘美)

【関連記事】
カン違いは損!「炭酸美容の効果を最大限」取り入れる方法とルール

【参考】
くすりと健康の情報局 − 第一三共ヘルスケア

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

HiromiTakahashifootbath

Related Article関連記事

最新の記事