LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

“夏老け”防止!今すぐ始めたい、美肌キープのUV対策4つ

古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毎年のように夏の終わりは、紫外線で傷んだ肌とパサパサな髪にため息が。そんな方は、今年こそキレイな肌と髪で秋を迎えてみませんか?

スクリーンショット 2017-07-23 10.05.20

髪や肌がダメージを受けると、老けて見える原因にも。正しい紫外線対策をマスターし、大量に降り注ぐ紫外線を上手にブロックしましょう

■日焼け止めは高SPFでも塗り直しを

日焼け止めを塗るのは朝だけ、という方はご注意を。SPFやPA値が高い日焼け止めを使っていたとしても、塗り直しは欠かせません。外出時は日焼け止めを携帯し、2〜3時間おきに塗り直しましょう
紫外線は窓ガラスを通過するので、オフィスの中でも油断大敵。昼休みはメイクだけでなく、日焼け止めも塗り直してくださいね。

■帽子や日傘だけじゃダメ!紫外線対策は360度チェック

紫外線は上空から降り注ぐので、帽子や日傘での対策は効果的です。
しかし、地面から反射してくる紫外線もあるため、上から守るだけでは思わぬ日焼けをしてしまう可能性が。アスファルトの場合、反射率は10%程度。照り返した紫外線を浴びやすいあごの下や耳の裏なども忘れずに、丁寧に日焼け止めを塗りましょう

■髪にもUVケアの習慣が必須

紫外線は肌だけでなく、髪や頭皮にもダメージを与えます。顔やボディに日焼け止めを塗るように、髪や頭皮にも紫外線対策が必要です。
夏場のヘアケアは、UVカットタイプの整髪料やアウトバストリートメントを使うことをおすすめします。
また、お出かけ先での塗り直しには、噴きかけるだけでOKなUVスプレーが便利ですよ。

■美肌キープのカギは、美白よりも保湿優先

夏は美白に傾倒しがちかもしれませんが、肌が乾燥しているとダメージが進行します。日焼けしたときは、できるだけ早く保湿を行いましょう。
美白化粧品は刺激が強いものが多いので、ほてりや傷みを感じる日はお休みに。美白化粧品を使うのは、肌の状態が安定してからにしましょう。

日焼け止めを髪まで塗ったり、外出先で塗り直したりするのは、大変かもしれません。ですが、少しの油断が積み重なると、大きなダメージとなって肌や髪に現れます。
念入りな紫外線対策で、美肌と美髪をキープしてくださいね。
(コスメコンシェルジュ・古賀令奈)

【関連記事】
リピ買い率高し!“理想の自分”に導くボディ用引き締め美容液
お疲れ肌に◎“肌の土台”を整える「導入美容液」が心強い!
浴衣にも◎!色香漂う「うなじ」を作るネックケア3ステップ
毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターが選ぶ「夏の化粧下地」6選

【参考】
紫外線の性質 – 気象庁

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-07-23 10.05.20

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事