LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

夏のバーゲン必勝法!買うべきもの3つ&タンスの肥やし3つ

横田真由子

IMG_0067

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏本番を前に、店頭では、バーゲンセールが始まりますね。「バーゲンで買ったけれど、一度も着ていない服」はありませんか?

スクリーンショット 2017-06-30 20.17.09

今年は後悔をせず賢い買い物ができるよう、お洒落な人が実践している、とっておきの「バーゲン攻略法」をお伝えします。

■バーゲンで買うべき3つのもの

1)ずっと欲しかった憧れ服

馴染みの店で、前から欲しいけれど「ちょっと高い」という理由で手がでなかったものは、いち早く手に入れましょう。バーゲンならではの達成感があります。
必ず、バーゲン前に何度も試着をしてサイズを確認しておきましょう。

2)「週2で使える」必要服

仕事で着るスーツや洗えるインナー。この夏、週2回は着ると思うベーシックなアイテムを買っておきましょう。
暑さの残る9月までの3ヶ月間、週2回着ると合計24回です。24回も着ることができるなら、「いくら出してもOKか」という予算の目安になります。

3)女子力アップの消耗品

ストッキング、ランジェリーなどの消耗品は、バーゲンで買うべき代表アイテムです。
ストッキングの質感や肌触りは、値段に比例します。ストレスのない履き心地が癖になります。インポート品など、普段は手が出ないものもおすすめです。
また、ランジェリーも女子力アップには欠かせないアイテム。バーゲン時に古い下着は処分する習慣をつけましょう。

■危険!タンスの肥やしになってしまうもの3つ

1)夏に買う冬物

シーズンが変わらないと着ないものは要注意です。袖を通す頃には、流行も気分も変わっています。「今、着るもの」を優先しましょう。

2)福袋のようなお得セット

量を重視して手に入れても「安物買いの銭失い」になってしまいがちです。量より質を重視しましょう。
2,000円が1,000円になった服を5枚買うより、5,000円が2,500円になった服を2枚買う感覚で選んでみましょう。

3)サイズの合わないもの

デザインが気に入っていても、サイズが合わなければ、すっぱりと諦めることが大切です。 小さすぎる、大きすぎるものは、結局は着なくなります。

バーゲン初日は商品も揃っています。初日に行くことができなかったときは「今年は行かない」という選択もありです。
何日も経ってから出かけても、「欲しかった商品や買うべき商品」は、売り切れてしまっています。しかし「せっかく来たから何か買いたい」と思っても、無駄な買い物をしてしまうことも多いのです。
今年こそバーゲンを賢く利用して、「戦利品」を手に入れましょう!
(ミニマムリッチ®️コンサルタント 横田 真由子)

【関連記事】
ぷよラインをカバー!スタイリスト厳選の着やせトップス3つ
春ファッションは足元から!快適さが鍵の最旬シューズ3つ
素材と色、柄で脚長効果も!最旬「ワイドパンツ」選びのコツ
顔色UPに◎30代40代が取り入れたいビタミンカラー3選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-30 20.17.09

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事