LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

全身ツルすべ!ミランダも実践「3分ドライボディブラッシング」

余慶 尚美

余慶尚美fNew2015

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

 夏のダイエット&美肌企画が多いなか、昨年から少しずつ話題になっている「ドライボディブラッシング」が注目されています。西洋の「乾布摩擦」というとイメージしやすいでしょうか。世界的スーパーモデルのミランダ・カーも習慣にしているということから日本でも火がつきはじめました。ドライボディブラッシングは、健康法をベースとしつつも美を追求できる点が、感度の高い美容愛好家の方々に支持されている所以です。

20140624yokei01

 ■ 「-5歳肌」を実現!?むくみ改善にも◎

「ドライボディブラッシング」からの「美」の恩恵とは何でしょう。ポイントは2つです。まず、お肌表面の血流とリンパの流れを改善することで、むくみが改善されます。また、定期的にブラッシングを行うことで、自然に優しく古い角質をとり、お肌の生まれかわりを内側からサポートしてくれるののです! むくみ・くすみ知らずで潤いある、-5歳肌が実現可能かもしれません。1日2~3分間の全身のブラッシングで、以下のような効果があるとされています。

・シャイニースキン(肌再生)
・むくみをスッキリさせ、セルライト対策にも
・皮膚温度アップ×体温アップ
・免疫力アップ
・安眠×きれいホルモン分泌アップ
・出産後の妊娠線・たるみの回復に20140624yokei03

 ■ヨーロッパ発「リンパドレナージュ」が自宅で簡単に

「ドライボディブラッシング」は、世界中のエステでも展開されているヨーロッパ発の究極のデトックス法「リンパドレナージュ」をブラシ1本で、簡単にご自宅で再現できます。「ドライボディブラッシング」専用のブラシを使い、お肌のすぐ下を走るリンパや血液の流れに向かってブラッシングするだけのメソッドです。やり方はとっても簡単。まずは、身体を「鎖骨から上」「鎖骨からおへそ」「おへそから下」と3分割に。

1. 鎖骨から上の首の部分を、鎖骨に向かってブラッシング。
2. 鎖骨からおへそのカラダの上半身は、中心からそれぞれ左右の腋の下へブラッシング
3. おへそから下は、そけい部分のパンティラインへブラッシング

「ドライボディブラッシング」専用ブラシは、ボディケアアイテムを扱うお店や通販、付録付きのムック本など様々なところで購入しやすくなっていますよ。是非、むくみ知らずのボディを目指してみましょう。

 【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
※余慶尚子著「3分間で冷えとり&むくみとりボディシェイプリンパブラシ」KADOKAWA

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20140624yokei01

Related Article関連記事

最新の記事