LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

スタイリストに聞く、30代・40代女性が輝くビジネススタイルとは

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

衣替えを終えたクローゼット。あなたが本当に着たい服はありますか? 今回はパーソナルスタイリストの山田吉信さんに仕事の内容と30代・40代の女性がきれいに見える服装を聞きました。

471f2741e6813388cecdad620f126e20_m

■ビジネスシーンからスポーツまでTPOに合わせたスタイリング

山田さんはスタイリストとして、どんな仕事をしているのでしょう?
「性別や年代を問わず、スーツからスポーツチームのユニフォームまで、お客様の目的に合わせて洋服をアドバイス、セレクトします。最近はカジュアルな服装の職場も多いので、そうしたスタイルのリクエストにも応じます。カジュアルと言えば、ご家族の服装を丸ごとコーディネートしたこともありますよ。」

 

■スタイリングの始まりは「カウンセリング」から

ビジネスからカジュアルまで幅広く手掛ける山田さん。その山田さんのスタイリングは、まず「カウンセリング」から始まります。「今のワードローブの状態や着てみたい服装からライフスタイル、趣味などをカウンセリングシートに書いてもらいます。これを元に話しながら本来の想いを紐解き、新しい服に挑戦できるよう背中を押してあげるんです。」こうして内面から新たな扉を開くのが、山田さんの役割です。

 

■30代・40代女性の「職場で輝く」服装とは

ジャケットや靴の選びかた

ここで30代・40代の働く女性の服装を想定し、一般的なアドバイスをしてもらいました。
「スーツは黒が無難ですが、職歴が浅い印象も与えますから、落ち着いて見せるならライトグレーがいいですね。中には襟と袖口が白い、ストライプのクレリックシャツを着るときれいに見えます。またジャケットは袖をまくったり、脱いだりすることがあるので、袖や裏地の色が表と異なっているタイプのものも素敵。ベージュやブラウンの靴は、年齢が上に見えてしまいがち。可能なら靴のヒールに色を取り入れたような、デザイン性のあるものを履くと、おしゃれな印象を与えますよ。」

気を抜きがちな「小物類」

そして、見落としがちなのが小物類。
「意外と知られていないのがベルトの正しい巻き方。ベルトは真ん中の3つ目の穴で止めるのが正解です。太さもウェストの印象を決めますから、細い方が良いです。」
また、スカーフやネックレスといった顔周りにつけるものは、目・肌・髪の色で似合う色が決まりますが、同じ色でも濃淡で変わります。さらにシューフィッターの知識も持つ山田さんは、歩き方もアドバイスしてくれるとのこと。思わず躊躇しそうなパーソナルスタイリングですが、大人の女性として次の一歩を大きく踏み出したい方、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
大人気!30代からの「ミモレ丈スカート」冬のコーデ術

【参考】
株式会社ジェントラー

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

471f2741e6813388cecdad620f126e20_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle